お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、医薬品関連会社に勤務する戸越由美さん(仮名 32歳)からの質問です。

「年会費無料だったり、入会時にポイントがつくという時にクレジットカードをついつい作ってしまい、気が付けば作りすぎてしまいました。精査したいのですが、何を基準に選択したらよいでしょうか」

せっかくクレジットカードを持つなら、いちばんお得なもの、方法で使いたいですよね。さっそく森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

まずは自分のお金の使い方を知ること

飲食店やタクシー、ネットショッピングなどなど、キャッシュレスで使えるクレジットカード。便利ですよね。最近では、水道光熱費、年金といった固定費の支払いにも対応するようになりました。

クレジットカードの利用範囲が増えるとともに、その種類も次々と増え、今では数千種類もあると言われています。

その中で自分に合ったカードを探すには、自分の生活行動範囲を把握し、自分自身のお金の使い方を知ることが大切です。また、どんなサービスを使いたいのか・受けたいのかを明確にすることも大事です。

クレジットカードの複数持ちにお得なし

入会時の特典に目がくらんで、必要のないカードを作ってしまった経験をもつ女性は少なくありません。でも、たくさんのクレジットカードを所有するのは考え物です。自分で管理できないほど持つのは、余計なリスクを高めることにもつながるでしょう。30代の働く女性のクレジットカードは、メインカードとなる1枚で十分です。1枚に集中させる事でポイントも貯めやすくなります。

お得度は還元率でチェック

メインカードを選ぶ時、一番気になるのは何と言ってもお得かどうかですよね。でも、どこのクレジットカードも、パンフレットや比較サイトで調べてみても、特典が複雑すぎてわかりにくいですよね。

そんな時は、まず「還元率」で比較してみてください。 「還元率」とは、カードの利用額に応じて、利用者に還元される割合のことです。お得度をを数値化しているので、クレジットカードの比較に便利です。還元率が高いほど還元される割合が高くお得度も高いといえます。

たとえば、10万円のカード利用で500円分のポイントなどがもらえる場合、そのカードの還元率は0.5%です。1,000円分をもらえるなら1.0%となります。日本の平均的なクレジットカードの還元率は0.5%。1%というと比較的高還元です。

還元ポイントの交換対象をチェック

クレジットカードを選ぶときは、貯めたポイントが何に使えるかのチェックも大切です。還元されたポイントの交換対象は何かに注目してください。交換対象には、商品であったり、ギフト券や商品券のようなもの、共通ポイント、電子マネーなど、いろいろな種類があります。いくら還元ポイントが高くても、交換対象が欲しいものでなければ、その還元ポイントはムダになってしまいます。

実際、ポイント還元率が1%以上の高還元カードは常に人気です。でも還元率だけに心を奪われていると、本当にお得なクレジットカードを見逃してしまうこともあります。

Amazonや楽天市場、Suicaチャージ、コンビニ・デパートでの割引きなど、クレジットカードにはカードごとに特に高いポイント還元を受けられる得意分野があります。自分のお金の使い方を振り返り、どこでどんな事にいちばんお金を使っているか、そこで高いポイントを得られるのはどのカードなのか、これを考えて選んでください。

入会時は無料でも翌年から年会費がかかるカードも…

いくらポイントの還元率やポイントの使い道が魅力的でも、年会費が高かったらお得度も半減です。年会費と得られるポイントを比較して、損益分岐点をチェックしましょう。

ここでいう損益分岐点とは、いくら分クレジットカードを使ったら、プラスマイナスゼロとなるか、です。つまり、いくらお金を使ったら、年会費と得られるポイントがトントンになるかという水準です。お得に見えるクレジットカードも、自分が必要以上にお金を使わなくては損益分岐点に達しないとすれば、それはお得とはいえません。

年会費は無料化が進んでいます。ただし、年会費も複雑化していて、1年間にいくら以上利用したら年会費無料など、条件があるものも多いです。また、入会者を得るために、「初年度年会費無料」とアピールするカードも少なくありません。しっかり確認してから申し込みをしてくださいね。

自分のお金の使い方に合わせて、還元率と交換方法、年会費のバランスを考えて、長期的な目線でメインカードを選んでください。

何かと物要りな春。クレジットカードは便利ですが……。



■賢人のまとめ
自分の生活行動範囲を把握して、還元率と交換方法、年会費のバランスチェック。とびきりの1枚をメインカードにしよう。

■プロフィール

女子マネーの達人 森井じゅん

1980年生まれ。高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。

一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行なっている。