“イケメン子役”コ・ウリム、NAMOO ACTORSと専属契約を締結

写真拡大

イケメン俳優の少年時代を演じて活躍中の子役コ・ウリムが、NAMOO ACTORSと専属契約を締結した。

2007年生まれのコ・ウリムは、映画「チング 永遠の絆」でキム・ウビンの子役としてデビューし、最近はKBS 2TVドラマ「ウチに住むオトコ」でキム・ヨングァンの幼少期を演じて脚光を浴びた。また映画「大俳優」でオ・ダルスの息子ウォンソク役を務め、涙を誘う完璧な演技で好評を受けて、忠武路(チュンムロ:韓国映画の代名詞) をリードしていく、次世代子役スターとして注目されていている。

コ・ウリムは現在、NAMOO ACTORSの最年少俳優だ。それだけでなく、キム・ヒャンギ、ノ・ジョンウィ、キム・ファニのような優秀な女子子役スターが多数所属しているNAMOO ACTORSが、創立以来初めて迎え入れる男子子役として、より一層関心を集めている。コ・ウリムとの契約締結のニュースは、NAMOO ACTORS内部でも話題だったという。

NAMOO ACTORSは「以前からコ・ウリムに注目していたが、最近専属契約を結んだ。年齢は幼いが誰よりも抱負が大きくて、演技に真剣に臨む姿が魅力的だ。自分だけのカラーが明確な子だ」と言及した。

引き続き、「コ・ウリムと共にすることになり非常に嬉しく、今後役者として健全に成長することができるように支援を惜しまない予定だ。今後、コ・ウリムの活躍を期待してほしい」と明らかにした。