公安9課のメンバーがズラリ!『ゴースト・イン・ザ・シェル』日本オリジナルポスター

写真拡大

日本が世界に誇る不朽の名作「攻殻機動隊」の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017年4月7日日本公開)。公安9課のメンバーがズラリと顔を揃え、サイバーパンクの世界観が炸裂する超絶クールで、全世界から羨望の眼差しを浴びる<日本オリジナルポスタービジュアル>が到着した。

今回公開されたビジュアルは、サイバーパンクの代名詞とも言うべきオリジナルの世界観を見事に踏襲した近未来のビル群を背に、スカーレット・ヨハンソン演じる少佐、ビートたけし演じる少佐の上司である荒巻、ピルー・アスベック演じるバトーの他、人気キャラクターのトグサ、サイトーら公安9課のメンバーが集結し、それぞれが見据える先に強大な敵の存在を感じさせる視線が印象的なデザインに仕上がっている。

先日発表されたティザーポスタービジュアルは全世界共通のデザインだが、今回完成したデザインは日本オリジナル。本国のパラマウント・ピクチャーズより、本ビジュアルの使用許可が下りたのは日本のみとなっている。

■『ゴースト・イン・ザ・シェル』
2017年4月7日より全国ロードショー
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.