2月26日のJ2開幕戦に出場した横浜FCのFW三浦知良【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

40代と50歳の違い。向けられる視線が温かく

 史上初の「50歳のJリーガー」が誕生した2月26日のJ2開幕戦には、FW三浦知良(横浜FC)の勇姿を目に焼きつけようと、かつて同じチームで戦った盟友たちも松本山雅FC戦が行われたニッパツ三ツ沢球技場に集結した。元日本代表で現在は日本サッカー協会理事などを務める北澤豪さん、武田修宏さん、そして父親の納谷宣雄さんの言葉を通して、50歳の現役Jリーガーの存在価値を探った。(取材・文・藤江直人)

----------

 年齢の十の位が変わるだけで、その場を支配する雰囲気が、向けられる視線がこんなにも温かいものに変わるものなのか。

 盟友カズの50歳の誕生日と重なった、2月26日の松本山雅FCとのJ2開幕戦へ駆けつけた元日本代表MFの北澤豪さんは、眩いスポットライトを浴びるカズの姿に思わず目を細めた。

「幸せだね。幸せ感しか漂っていないよね」

 カズが不惑を迎えてから、特に45歳を超えてからは、サッカーに対するストイックで真摯な姿勢に感銘を受け続ける一方で、心を痛めることも少なくなかったという。

「周りから聞こえてくるのは、どうしても『いつまでやるの?』となるじゃないですか。それが50歳になると、そういうことがなくなる。周りから否定的に見られないというか、40代のころとは人の見方が変わってくる。今日ここに来てみて、僕のなかで心配ごとがなくなりましたね。

 50歳という年齢もそうですけど、やっぱりカズさんが積み上げてきたものがあるからじゃないですか。メディアの皆さんも含めて、すべてが祝福している。こんなに幸せなサッカー選手はいない。日本のサッカーの歴史にまたひとつ、深く、重みのある1ページが加わりましたよね」

 会場となったニッパツ三ツ沢球技場には74社、トータルで206人ものメディアが集結した。J2の公式戦では突出した数字であり、カズの生き様に興味を抱いたドイツのメディアも含まれていた。横浜FCだけでは対応が大変だと、日本サッカー協会やJリーグからは援軍が駆けつけたほどだ。

一般社会で50歳と言えば、年金のことを考え始める世代

 その三ツ沢に北澤さんが到着したのは、先発出場を果たしたカズがキックオフと同時にJリーグの最年長出場記録を「50歳と0日」に更新し、後半20分にFW津田知宏との交代でベンチへ退いた後だった。もちろん、晴れ姿を見られなかったのには理由がある。

「こういう日だし、僕も一生懸命に向き合えばと思って」

 同じ日の午前中に号砲を迎えた東京国際マラソン2017に、北澤さんは出場していた。自らに課した目標は初めての4時間切り。一人の市民ランナーとして己の限界に挑んだ結果、3時間52分31秒でゴール。自己記録を17分近く更新する快走だった。

「じゃないと(4時間を切らないと)ここに間に合わない、というのもあったからね。途中の品川から、こっちに抜けて来ようかなと思ったけど」

 無邪気に笑った北澤さんは、カズがオフの恒例としているグアムでの自主トレに参加。48歳の体をいじめ抜き、カズから刺激と情熱を分けてもらいながら4時間切りできる体を作りあげた。目標を成就させたいまだからこそ、サッカー界を超越して、同じ世代の人々へ自分自身が受けた思いを投影させる。

「一般社会において、50歳と言えばそろそろ年金のことを考える世代じゃないですか。そこへ『僕たち、私たちももうちょっと頑張ってみようか』と思わせるメッセージにもなると思うんです。スポーツの世界だけで話題が回らない。カズさんだからこそ、できることですよね」

 カズが毎オフに行っているグアムでの自主トレは、一日に3度の練習を課すなど、苛酷なメニューを組んでいることでも有名だ。現代サッカーでは、前線からの守備もフォワードに求められる。90分間を通してプレスをかけ続けられる体力を目標に掲げるカズが、自身の原点をも見つめていたと北澤さんは明かす。

「ドリブルへのチャレンジをしたいと。いまのサッカーのトレンドはシンプルにポンポンとはたくので、これまでのグアムではボールをもつメニューは少なかった。でも、今年のグアムは違った。サッカーのトレンドに合わせながらも、ボールを動かすだけではダメだと、本気で考えているんだなと思いましたね」

 ドリブルやまたぎフェイントはカズの原点でもあり、代名詞でもある。守備面で奮闘する時間帯が多かった松本山雅戦では披露する機会は訪れなかったが、決して向上心を忘れない姿勢があるからこそ、先発の機会を勝ち取っていけるのだろう。

カズにとって思い出深いスタジアムである三ツ沢

 三ツ沢はカズにとって思い出深いスタジアムでもある。1990年10月28日。ブラジルの名門サントスから鳴り物入りで読売クラブに移籍したカズが、日本リーグの開幕戦を迎えた場所でもあった。

 相手は日本鋼管。いまでは象徴となっている「11番」を別の選手がつけていたため、「24番」で先発出場したカズはコーナーキックから先制点をアシストし、追加点となるPKも決めた。

 そして、とどめを刺す3点目を華麗なオーバーヘッドから決めた武田修宏さんも、三ツ沢に駆けつけていた。最近はバラエティー番組への出演が多いこともあって、カズからは「武田さんでしたっけ。名前は忘れちゃったんですけど、来ていましたね」とイジられたが、心を震わせずにはいられなかった。

「読売クラブの時代から三ツ沢で何度も同じピッチに立ってきたカズさんが、何十年たっても変わらない。まだプロがなかった時代に一緒にプレーしたカズさんが、守備でも献身的に自陣にまで下がって、65分間もプレーしている。努力の賜物だし、その意味では僕自身もパワーをもらいました」

 1年後には読売クラブの下部組織出身で、修徳高校卒業後は本田技研でプレーしていた北澤さんが移籍。クラブ名称もヴェルディ川崎となり、司令塔・ラモス瑠偉、闘将・柱谷哲二を含めて、個性が際立ったスター軍団として黎明期のJリーグをけん引する強烈な輝きを放った。

J開幕時の父親とほぼ変わらない年齢に

 迎えた1993年5月15日。いまは取り壊された国立競技場で繰り広げられたヴェルディと横浜マリノスの歴史的な開幕戦を、カズの父親、納谷宣雄さんも観戦している。このとき51歳。四半世紀近い歳月が流れたいま、息子が当時の自分とほぼ変わらない年齢になった。

 ピッチに立つたびに歴史を塗り替えるカズの姿に目を細めながらも、いつかは誰にでも訪れる現役引退の瞬間へ、父親としての偽らざる本音ものぞかせる。

「去年の11月から開幕戦に合わせて準備してきて、出られた。それだけで十分だよ。いくつまで? アイツが燃え尽きる前にね。まあ、アイツが自分で決断するよ」

 現役時代にブラジル代表の守護神として4度のワールドカップに出場し、引退後は清水エスパルスやヴェルディで監督を務めたエメルソン・レオン氏と納谷さんはいまでも親交がある。地球のちょうど裏側に位置するブラジルからは、カズを心配する声がよく寄せられるという。

「レオンをはじめとして、みんな知良の体のことを心配している。取り返しのつかないけがをしたら大変だから、早くやめさせろと。オレも75歳だから、50歳のときにどうだったかは忘れちゃったけど、50歳くらいの人に聞くと、みんな『すごい。信じられない』と言うからね」

引退試合はブラジルで開催の可能性も?

 納谷さんは松本山雅戦の勝利を見届けた後、永住権更新のためにブラジルへ向かった。「この年になって、勝って出られるのは幸せだよ」と笑顔を浮かべながら、ブラジル時代にカズが飛躍のきかっけをつかんだキンゼ・デ・ジャウー、プロ契約を結んだサントスとはいまも連絡を取り合っていると明かした。

「引退試合はブラジルでもやるかもしれないね。(キンゼ・デ・)ジャウーとサントスは考えているよ。やめるときには連絡をくれと言われているからね」

 もっとも、現時点ではその日がいつ訪れるかはわからない。一学年下の盟友・中山雅史(アスルクラロ沼津)はすでにS級コーチ養成講習会を受講し、Jクラブの監督就任に必要なライセンス取得へ動き出しているが、カズはユニフォームを脱いだあとのことはいっさい考えていない。

「開幕から25年目だな、とは思いますけど、当時とはサッカーのやり方やクラブの数も含めて、いろいろな意味で変わっている。サッカー界は4年ごとに変わっていってしまうところもあるので、その意味では歩みというものを感じる間も振り返る間もなく、毎日毎日が勝負というか、精いっぱいやっていますね」

 見つめるのは次の試合でピッチに立ち、フォワードの証でもあるゴールを決めること。北澤さんや武田さんをはじめとする盟友たちを発奮させ、同世代の人々の憧れとなり、父親を喜ばせると同時に一抹の不安を抱かせながら、プロ32年目を迎えたカズは今シーズンも全力で駆け抜けていく。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人