H7 Tournament Edition(左)と H5 Tournament Edition

写真拡大

パソコン用周辺機器などを手がけるクリエイティブメディア(東京都千代田区)は、ゲーミングヘッドセット「Sound BlasterX H7 Tournament Edition」を2017年3月上旬に発売する。

アルミ製イヤーカップと快適な装着感のパッドで聴き疲れしにくい仕様

さらなるサウンドの再現性を追求したという50ミリ径「FullSpectrum」ドライバーのほか、ノイズ軽減タイプのマイクを搭載し、クリアな音声伝送を実現。ケーブルにインラインリモコンを備え、手元で音量やマイクミュートのオン/オフなどの操作が可能だ。

軽量ながら耐久性の高いアルミニウム製メタルイヤーカッププレート、イヤーカップのパッドにはノイズを低減し快適な装着感の合成皮革/ウレタンを採用するなど、長時間でも聴き疲れしにくい仕様となっている。

USB接続と4極ケーブルによるアナログ接続に対応。Windows用ソフトウェア「BlasterX Acoustic Engine Pro」とデバイスドライバーをインストールすれば、最大96kHz/24bit、7.1chバーチャルサラウンドを楽しめるほか、特定ゲーム向けのオーディオプロファイルがプリセットされ、最適なサウンド環境でゲームプレイを楽しめる。また付属のケーブルでスマートフォンとのアナログ接続も可能だ。

価格はオープンだが、直販サイト「クリエイティブストア」での価格は1万2800円(税別)。

なお、アナログ接続モデル「Sound BlasterX H5 Tournament Edition」も同時発売。直販価格は1万800円(同)。