中国などでボイコットが起きている日本のアパホテルについて、元谷外志雄代表は騒動後もホテルの売り上げは好調だったとし、同ホテルには日本各地から激励の手紙やメッセージ、電話などが2万件を超えたことも明かした。写真はアパホテルに抗議する在日中国人。

写真拡大

2017年3月2日、梨視頻によると、中国などでボイコットが起きている日本のアパホテルについて、同ホテルを傘下とするアパグループの元谷外志雄代表が、騒動後もホテルの売り上げは好調だったとし、同ホテルには日本各地から激励の手紙やメッセージ、電話などが2万件を超えたことも明かした。1月20日には、「数カ月もすれば忘れる」と話していた。

これについて、中国のネットユーザーからは「もう何も言えない」「中国人はもっと強く反発すべき」「1カ月もすれば中国は忘れるとでも思っているようだ」「騒動までアパホテルのこと知らなかったけどね」「彼らも愛国者だし、われわれも愛国者。どっちもどっち」などの声が聞かれた。(翻訳・編集/岡田)