砂漠からインスピレーション

写真拡大

FCAジャパンは、Jeep(ジープ)ブランド傘下のスモールSUV「Renegade(レネゲード)」の限定モデル「Jeep Renegade Deserthawk(デザートホーク)」を計100台、2017年3月4日に全国のジープ正規ディーラー店舗で発売する。

「モハベサンド」と「アンヴィル」の2色を設定

レネゲードの中でも最もオフロード性能に優れた四輪駆動のトレイルホークをベースに、過酷な環境の中でも走破できるジープが、砂漠を駆け抜ける姿からインスピレーションを受けたというユニークな限定モデル。

ボンネットとシートにはオフロードおよびジープの聖地である米ユタ州モアブのグラフィックをあしらった。

インテリアの特徴的なシートは、ファブリックとレザーのコンビシート。これをはじめ、センターコンソール、ステアリングホイールには砂をイメージしたベージュカラーのステッチを施した。ボディカラーには砂漠のような「モハベサンド」、人気の高い「アンヴィル」の2色を設定。

各カラー50台、計100台限定。価格は356万4000円(税込)。