写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GitHubはこのほど、GitHub.comの企業向け新プラン「GitHub Business」と企業向けバージョンの最新版「GitHub Enterprise 2.9」のリリースを発表した。

「GitHub Business」では、「Ping Identity,Okta, OneLogin,Azure AD,Shibbolethのサポート付きSAMLシングルサインオン」「自動化されたプロビジョニングとディプロビジョニング」「99.95% アップタイムSLA」「24時間週5日、連絡いただいてから8時間以内の返答を行うサポート体制」を提供する。

ユーザー1名につき月額21ドルでGitHub.com、またはGitHub Enterpriseを利用できる。

一方、「GitHub Enterprise 2.9」では、開発者と管理者の双方に向けた改良が加えられている。

管理者を対象とした信頼性の向上に関しては、ロードバランサーのサポート機能が追加され、GitHub EnterpriseアプライアンスもしくはHAペア(ハイ・アベイラビリティ・ペア)においてロードバランサーを実行することで、より一層信頼性の高い環境の構築が可能になる。

開発者に向けては、プルリクエストの強化が行われた。具体的には、コマンドラインを経由せず、チームメンバーはプルリクエストをより早くマージ可能になったほか、サイドバーからレビュー担当者にプルリクエストレビューをリクエストすると担当者に通知が送られ、依頼者は担当者によるレビューの状況を見ることができるようになった。

また、OrganizationレベルでGitHub Projectsの利用可能になっており、リポジトリをまたいだ計画と仕事の管理を実現する。

そのほか、コミットメッセージの検索機能によりメイン検索ページもしくはリポジトリ内からコミットを検索できるようになるとともに、GitHub Enterpriseで新しいPagesを作成することも可能となっている。

(辻)