パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている岡本千秋さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。千秋さんはおでこを出したワンレングスのロングヘアを緩く巻き、まつエクをつけた目元は太目のアイラインが入っていました。大き目の唇は健康的なオレンジピンクのグロスが塗られ、指先は白とオレンジのツートーンカラーのネイルが施してありました。グレーのVネックセーターの胸元には、ゴールドのネックレスがアクセントになっており、白の細身のスキニーデニムとヒールを合わせた着こなしは、L.A.スタイルのファッションをイメージさせました。仕事用だというマイケルコースのショルダーバッグの横には、レスポートサックのボストンバッグが、荷物がパンパンに入った状態で置かれていました。

「新しい職場に行くと“そんな荷物でどこに行くの?”って聞かれるんです」

いつもボストンバッグには、タオルと着替え、シューズなどが常備されているそうです。なぜなら、実家の浴槽が古くてお湯が冷めやすいため、ジムのジャグジーや浴槽を利用しているから。

「今日もこの後、ジムに行きます」

“ワーク・ライフ・バランスっていうんですか。仕事が早く終わってちょうどいいんですよね”という千秋さん。そんな彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

実家は、東京から1時間ほどの距離にある私鉄の駅。今もその実家から、都内にある派遣先まで通っています

「急行が停まらないので、時間的に結構かかっちゃんですよね。でも派遣だと交通費が出ないので近い職場の方が良いのですが、どうしてもやりたいことがあって」

生まれてから、同じ市内で引っ越しを経験していますが、基本的にはずっと同じ町に住んでいるそうです。

「元々は父親の実家があったんですよ。ほどほどに便利だったと言うか。バスもいっぱい走っていたし、電車で行ける距離に小さいけど映画館もあったり、デパートも居酒屋も揃っていたので無理して東京へ行こうって気持ちはなかったですね」

バイト経験を活かし、就活を始めた

年の離れた兄と2人兄弟。しかし、1人っ子のように親からは可愛がられたと言います。

「4つ上の兄が、高校出たらすぐに実家を出ていっちゃったんですよ。1、2年生の時が他県にある大学に受かっちゃって、2時間近く通学がかかるからって。それもあって、親からは“家から通える大学にしろ”って言われて」

大学も、自宅から通える地元の大学に入学します。

「県内の大学に受かっちゃって。本当は東京の大学もいいかなって思っていたのですが、通うなら近い方がいいかなって。学校が昼間で終わったら、駅ビルのケーキ屋でバイトしていましたね」

趣味もなくダラダラして過ごした大学生活。

「特になにがやりたかったって、なかったんですよ。大学も学バス乗らなきゃならない場所にあったから、不便で。座れる時間に合わせて家を出るようにしてたくらい。大学の頃の思い出ってないんですよね」

就活は、接客業や観光業に絞って行ったと言います。

「卒業後は、洋菓子の販売をしている会社に就職しました。大学時代に、別のメーカーだったのですが、ずっと洋菓子店のバイトをしていたのがアピールになるかなって思って」

商品開発などを希望していたが、経験を活かし接客業に抜擢された。

「どこの配属になるのだろうって思ったら、百貨店の店舗での接客業になりましたね。そこまで接客を希望していたわけではなかったので、誤算だったんです」

仕事が終わると定時で奪取し、ジムへ向かう千秋さんが本当にやりたいことって!? なぜ勤務地は常にスタジオの側? ベリーダンスとの運命的な出会い!?……その2に続きます。

今でも、デパートの店内放送を聞くと清掃をしたり、笑顔で挨拶をしてしまいそうになるそう。