『モアナと伝説の海』

写真拡大

3月10日(金)より公開となるディズニーのアニメーション映画『モアナと伝説の海』で主人公モアナの声優を務めるアウリイ・クラヴァーリョが、高校を舞台にした米NBCの新作ドラマ『Drama High(原題)』に出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

原作となったのは、マイケル・ソコラヴが2013年に発表した、自身の実体験を基にしたノンフィクション小説。ペンシルバニア州の労働階級が多く暮らす貧しい田舎街を舞台に、教育に情熱を抱く家族思いの教師ルー・ヴォルペと高校の演劇部の生徒たちを描く。ヴォルペ氏は2013年に退職するまで、ハリー・S・トゥルーマン高校の有名な演劇部で44年にわたって指導にあたっていた。多くの生徒たちの人生はもちろん、街全体にも影響を与えるほどのインパクトを残した教育者である彼の映像化は『プライド 栄光への絆』と『Glee/グリー』とのコラボのような作品になりそうだとも言われている。本作でアウリイはリレッタという名前の女子生徒を演じるとのこと。

クリエイターチームには、2016年にトニー賞11部門のほか、グラミー賞やピューリッツァー賞なども受賞したブロードウェイミュージカル『Hamilton』のプロデューサー、フロディ・スアレスとジェフリー・セラーのコンビと、『ボストン・パブリック』『ロズウェル/星の恋人たち』を手掛けたジェイソン・ケイティムズらが名を連ねている。

アウリイは2月26日(日)にロサンゼルスで開催されたアカデミー賞授賞式にて『モアナと伝説の海』の主題歌を披露し、会場を沸かせていた。(海外ドラマNAVI)