今秋の発売が見込まれる「iPhone8」(仮称)には、高速充電対応のLightning端子が採用され、USB Type-C端子は採用されない、とApple関連情報の正確さで定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が述べています。

「iPhone8」は高速充電対応のLightning端子を搭載

「iPhone8」では、MacBook ProのようにUSB Type-C端子が採用されLightning端子が廃止される、とWall Street Journalが先日報道して話題となりました。
 
クオ氏は、「iPhone8」にはLightning端子が引き続き採用され、USB Type-C規格の高速充電アダプターが採用される、と投資家向けのメモで述べています。
 
また、AppleはTexas Instruments製電源管理チップと、Cypress製の電源供給用チップを採用する、とも予測しています。

「iPhone8」と「iPhone7s/7s Plus」の3モデルとも高速充電対応か

今秋発売のiPhoneは、iPhone7/7 Plusをアップデートした「iPhone7s」「iPhone7s Plus」そして有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した「iPhone8」の3モデル構成になると噂されていますが、クオ氏は3モデルともUSB Type-C規格の高速充電に対応する、と見ています。
 
「iPhone8」では、2セルのバッテリーがL字型に配置されることで、特に高速な充電が可能になることが予測されています。

iPhoneにUSB Type-Cを採用するメリットは薄い?

AppleInsiderは、AppleがiPhoneでLightningを廃止してUSB Type-Cに切り替えるメリットが薄いのではないか、と指摘しています。
 
LightningのほうがUSB Type-Cよりも端子を若干薄くできること、独自規格を採用することによる「Made For iPhone(MFi)」のライセンス料収入も得られるからです。
 
クオ氏も、Lightning端子よりもUSB Type-Cのほうが高速で安定したデータ通信が可能ではあるものの、iPhoneに採用する必要性は薄いだろう、と分析しています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Behance
(hato)