2日、韓国の次期大統領選挙の有力候補で現在支持率トップの野党「共に民主党」の文在寅前代表の公式広報動画に、ナショナルジオグラフィックの写真が無断使用されていたことが分かり、物議を醸している。資料写真。

写真拡大

2017年3月2日、韓国・中央日報によると、韓国の次期大統領選挙の有力候補で現在支持率トップの野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表の公式広報動画に、ナショナルジオグラフィック(米ナショナルジオグラフィック協会が発行するドキュメント雑誌)の写真が無断使用されていたことが分かり、物議を醸している。

文前代表の選挙キャンプ(トムンキャン)の広報部門部長を務めるソン・ヘウォン議員は2月27日、自身のフェイスブックに複数のクマの写真をつなげて作成した動画を掲載した。動画はクマと文前代表が「私はクマ。あなたは文?」などと問答を繰り返し、「トムンキャン、ソフトなカリスマ」との言葉で締めくくられる。クマはトムンキャンのイメージマスコットになっている。

しかし、動画が公開された後、クマの写真がナショナルジオグラフィックに掲載された写真と同じものであるとの疑惑が浮上した。実際、2014年のナショナルジオグラフィック写真コンテストにある野生動物写真専門家が提出した写真とトムンキャンの動画に登場するクマは顔や手の動きが全く同じだという。これに対し、ソン議員は「動画を制作した会社に問い合わせたところ、写真のライセンスは購入していないことが分かった。問題になると考え、写真の撮影者と連絡を取り、写真を購入した」と説明した。

ソン議員は最近、自身のフェイスブックに「クマとトラの戦い、どちらが勝ったでしょう?」と題する動画を掲載し、物議を醸していた。ソン議員は「長い戦いの末に勝利する生真面目なイメージのクマは勝利を勝ち取るキャラクター」と書き込み、遠回しに文元代表を持ち上げた。しかし、動画は北朝鮮がドキュメンタリーを制作するために平壌の中央動物園の動物を人為的に戦わせて撮影したものであることが発覚。ネット上で「わざわざ動物虐待映像を使用する必要があるのか」と非難する声が相次いだため、ソン議員は動画を削除した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「会社側のミス。何の問題もない」「支持率1位は何をしても批判されるね」「人気があり、注目されている証拠」「過ちを犯したら認めてクールに謝罪すればいい」など、文前代表を擁護するコメントが寄せられた。一方で「問題を起こさずに仕事を終えることはできないの?」「いまから国の恥さらしを?先が思いやられる」「イメージマスコットは必要なのか?大統領選挙ではなく幼稚園の班長選びのよう。そんな人に国の運命を任せられない」「ミスはそのうち習慣になる」などと指摘するコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)