画像

写真拡大 (全2枚)

 ジャストシステムは『SNS利用に関する実態調査』を発表。同調査の結果から、複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割が広告に肯定的なことなどがわかった。

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『SNS利用に関する実態調査』の結果を発表した。本調査は、10〜60代の男女1,247名を対象としたもの。

●複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割が広告に肯定的

 複数のTwitterアカウントを持っている人のうち、26.5%が「趣味趣向に合った広告を見ることが多いので不快感は感じない」と回答した。また、「プライベートアカウントとは使い分けているので不快感は感じない」と回答した人は31.5%だった(※)。
複数アカウント利用時のTwitter広告について

●1日の平均利用時間が最も長いSNSは「LINE」

 各SNSの1日の平均利用時間は「Twitter」(61.5分)、「LINE」(64.4分)、「Facebook」(47.2分)、「Instagram」(55.2分)で、「LINE」が最も長いという結果だった。特に10代の「LINE」平均利用時間は90.5分と長い結果が出た。

●情報発信目的で利用している人の割合が高いのは「Instagram」

 「Twitter」「Facebook」「Instagram」のそれぞれのSNS利用者に利用目的を聞いたところ、「主に情報発信」と答えた人の割合は、「Instagram」が15.9%と最も高く、特に10代と20代で高く、それぞれ25.3%、18.3%だった。「Twitter」は5.7%、「Facebook」は10.1%だった。

 ※ 「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

【調査概要】
調査期間:2017年2月24日(金)〜2月27日(月)
調査対象:スマートフォンを所有する10〜60代の男女1,247名

MarkeZine編集部[著]