ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は2日、「ワイモバイル」のAndroid Oneシリーズ第2弾となるスマートフォンの「S2(エスツー)」を10日から発売すると発表した。予約の受付は3日から。

 同製品は、Android OSの最新バージョンを利用できることに加え、セキュリティーのアップデートも毎月提供される。「Google 音声検索」や「Google マップ」「YouTube」といった利用頻度の高いアプリケーションだけを搭載し、シンプルな使いやすさが追求されている。

 また、2,300mAhのバッテリーを搭載、一般的な使い方で3日間以上利用できるという。さらに、米国国防総省基準の耐衝撃性能を備え、防水(IPX5/IPX7)、防じん(IP5X)にも対応。さらに、ぬれた手や手袋を着けた手でも操作ができるタッチパネルディスプレーを搭載している。赤外線の機能があり別のケータイから電話帳などのデータを簡単に移行できる。

 主な仕様は、OSがAndroid 7.0 Nougat、CPUがクアッドコア(1.4GHz×4)/MSM8917、内蔵メモリがROM 16GB、RAM 2GB、ディスプレーが約5.0HD(1,280×720ドット)TFT(最大1,677万色)、メインカメラが有効画素数約1,300万画素/CMOS、サブカメラが有効画素数約200万画素/CMOS、最大通信速度(下り/上り)が112.5Mbps/37.5Mbps。サイズ(幅×高さ×厚さ)は約72×143×10.6mm(突起部を除く)、重さは約142g。カラーはレッド、ネイビー、ホワイトの3色。製造メーカーは京セラ。