『iOS 10.2.1』に、iPhoneのバッテリーを診断する機能が追加されました。もし状態が悪ければ、バッテリーの点検を受けた方が良いとアドバイスします。

その診断結果をチェックする方法をご紹介します。

まずはiOSのバージョンを確認

まずは、お使いのiPhoneにiOS 10.2.1以降がインストールされていることを確かめます。

設定アプリの【一般】→【ソフトウェアアップデート】を開きます。


「iOS ◯◯◯ お使いのソフトウェアは最新です」と表示され、その「◯◯◯」が「10.2.1」以上であれば問題ありません。


iPhoneのバッテリー診断の結果をチェックする

設定アプリの【バッテリー】を開きましょう。


バッテリーの点検・交換が必要になる可能性があるときは、【低電力モード】の上に「iPhoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示されます。


診断の結果に問題がなければ、何も表示されません。


もし「点検修理が必要」と表示されたら?

iPhoneのバッテリーが交換時期を迎えている可能性があることを示しています。

バッテリーには寿命があります。それが終わりに近づくと充電できる容量が減ったり、電力を供給する能力が弱まったりします。

すると、頻繁に充電する必要が生じたり、iPhoneの電源が突然オフになったりすることがあります。

バッテリーの充電回数については以下のページでご紹介しています。
iPhoneのバッテリーについて知っておくべきこと

一部の『iPhone 6s』には電源が突然オフになる問題があり、対象機種なら無料で修理を受けられます。iPhone 6sをお使いの方はぜひ1度チェックしてください。
→ iPhone 6sの電源が突然オフになる問題、Appleが無償修理で対応へ

点検を受けるまで使い続けても大丈夫?

Appleによれば、バッテリーの点検・検査を受けるまでiPhoneを使用し続けても問題はないそうです。

iPhoneのバッテリーの点検を受けるには

Appleのサポート窓口に問い合わせましょう。

ページの一番下にある「iPhoneでお困りのときは」の【こちらから】で問い合わせることができます。

iPhone - Apple サポート 公式サイト

バッテリー交換の費用は、1年間の製品保証・『AppleCare+』の対象であれば無料、それ以外は有料(税別7,800円)です。

参考

「iPhone のバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示される場合 - Apple サポートiPhone 修理サービス料金 - Apple サポート