Security officials force out South African opposition party Economic Freedom Fighters (EFF) members during South African President's speech for the 2017's State Of the Nation Address(SONA), on February 9, 2017, in Cape Town. (c)


 先日、テレビのスポーツ番組でWBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)に出場経験のあるプロ野球選手が、WBCに向けての日本代表チームでどういった練習をするのかについて話していた。

 練習の中で選手たちはあることを徹底して確認するという。それは「普通」の確認だった。

 こういう場合にはどの位置に守備位置を取るか。この場合はショートが捕るのか、サードが捕るのか。こういう場合にはランナーを走らせるか、止めるか。

 そうした微妙な判断が問われる状況において「普通はこう動くでしょ」の「普通」の感覚を徹底的に擦り合わせるとのことだった。

チームごとに違う「普通」の感覚

 日本代表チームは選手それぞれ所属チームが異なり、所属チームによって「普通」の感覚は違う。その感覚のずれがチームワークの乱れを呼び、勝負の命運を分ける。そのため、それぞれの選手の「普通」の感覚を徹底して確認し、擦り合わせるという。

 チームスポーツでは一瞬の判断に対して、各メンバーがアイコンタクトやあうんの呼吸で動くことが求められる。言葉を使わない究極のコミュニケーションと言える。

 そのコミュニケーションを成立させるためには、同じ「普通」の感覚を持つことが必須である。そのため、一流の選手はお互いの感覚がずれていないかを事前に徹敵的に確認し、擦り合わせする。

 この確認をすることなく、相手は自分と同じ「普通」の感覚を持っているはず、といった一方的な期待を抱くことはコミュニケーションミスを招き、チームや組織のパフォーマンスを著しく下げる。

 ビジネスにも同様のことが言える。私は公認会計士、心理カウンセラーとして経営コンサルティングの仕事をしているが、その中で感じるのは、コミュニケーションのセンスが高く、結果を残している人は、相手との「普通」の感覚の違いを読み取り、その違いを埋めるためのコミュニケーションを取ることができるということである。

 その前提として、「普通」の感覚は人それぞれ違うということを理解している。例えば、入社10年目の部長と入社2年目の平社員では仕事に対する「普通」の感覚は違う。

 50代の人と20代の人でも違うし、所属する会社や業界がどこかによっても異なる。自分と全く同じ「普通」の感覚を持った人間など、この世にはいない。コミュニケーションのセンスの高い人は、そのことをよく分かっている。

 そのうえで相手の立場に立って、相手の「普通」の感覚を理解し、自分の感覚との違いを見極め、ミスコミュニケーションが起きないよう、必要な言葉を相手に伝えようとする。

 コミュニケーションのセンスというのは、相手と自分の違いを認識する力に比例する。年齢、性別、国籍、価値観、育ってきた環境、周囲の人間関係、職位、キャリア、属している会社や業界、経験値、知識や情報の量、従事している仕事の内容、置かれている立場。

「普通こうやるでしょ!」が飛び出す背景

 それらに起因する自分と相手との違いを認識し、相手の立場に立って相手の気持ちを考え、相手がよりよく理解できるようにするためにはどう伝えるべきかに、どこまで深く思いを巡らせることができるかがコミュニケーションのセンスとなって現れる。

 しかし、コミュニケーションのセンスが低い人は、相手も自分と同じ「普通」の感覚を持っていると一方的に思い込んでいる。その前提でコミュニケーションを取る。

 それが原因でコミュニケーションミスが生じ、仕事で問題が起きるとこう言う。「何やってんの!?普通、こうやるでしょ!」「普通、言われなくても分かるでしょ!」。

 こういう言葉を聞くと、その「普通」は誰にとっての「普通」なのかと言いたくなる。

 人間には、自分の意見は世の中の多数派だとついつい思い込んでしまう傾向がある。これを心理学の言葉でフォールス・コンセンサス効果という。この効果により、自分の「普通」こそが世間一般の「普通」だと思い込む傾向がある。

 そして、この「普通」が分かっていない相手を非難しようとする。しかし、非難された相手からしてみれば、「聞いてないよ。普通、言われないと分からないでしょ」と言いたくなる。

 コミュニケーションのセンスが低い人は、相手が自分と同じ「普通」の感覚を持っていると一方的に期待し、期待が裏切られると一方的に怒りを覚える。これは相手との「普通」の感覚の違いを認識できなかった自分の非を棚に上げ、一方的に相手のせいにしているようなものである。

 求められる「普通」の感覚を部下に教育するのが上司の仕事であり、その教育をせずに部下を非難するのは職務怠慢とも思える。

 優秀な人材というのはどこの企業でも欲しがるものである。特に右肩上がりの企業は事業の拡大とともに人や事業を管理できる優秀な人材を求め、外部から人を入れようとする。

大手流を部下に押しつけて反発招く

 「優秀な人材が採用できたよ」

 そう喜んでいた経営者が1年後に、「あの人辞めたんですよ。優秀だったんですが」と嘆いていた。

 その会社はある大手企業から優秀な人材を引き抜いて部長のポジションに据えた。しかし、その人は社内の既存メンバーに大手流の「普通」を強要するところがあった。既存メンバーは反発して確執が生まれ、その部長は辞めてしまった。

 大手企業での「普通」の感覚こそが世の中の会社の「普通」なのだという感覚で仕事を進められることは、既存メンバーのプライドを逆なですることになる。

 その点を理解せずに、あるいは理解していたとしても配慮をすることなく、既存メンバーに対して大手流の「普通」を押しつけていたこの人は果たして「優秀」な人だと言えるのだろうか。

 社長は業務能力が高い、立派な経歴を持っているという点から「優秀」だと判断したのかもしれないが、本当に優秀な人間は高い業務能力を持ち、かつ周囲の人間と自分との「普通」の感覚の違いを認識し、そこを擦り合わせ、うまく調整しながら仕事を進めることができる。

 その意味では、その人はそもそも「優秀」な人材ではなかったと言える。

 「やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

 連合艦隊司令長官、山本五十六のこの言葉はあまりに有名である。戦場の前線では、ちょっとしたコミュニケーションミスが死につながる。そのため、「伝えたつもり」「伝わっているはず」は許されない。

厳しい経験から生まれた五十六の言葉

 人それぞれ「普通」の感覚は違うものであり、その違いを踏まえて物事をきちんと相手に伝えるためには、やり方を目で見せて、耳で聞かせて、実際にやらせて肌で分からせるといったところまでやる必要がある。

 決してコミュニケーションミスの許されない局面では、相手と自分の「普通」の違いがあったとしても確実に伝わるようにすることが求められる。そういった経験から五十六の言葉が生まれたのだろう。

 自分は世界の「普通」の感覚と同じ「普通」の感覚を持っていて、相手も自分と同じ「普通」の感覚を持っている。この思い込みがコミュニケーションミスをもたらし、人間関係をややこしくする。

 「普通」の感覚は人それぞれ違う。その前提のもと、相手はどのような「普通」の感覚を持っているのかを把握し、自分の「普通」とのずれを埋めるための言葉を相手に伝えるという謙虚な姿勢が円滑なコミュニケーションと高い成果を生む。

 改めて「普通」という感覚を見つめ直してみる。それは人の課題を解決するためのきっかけになるかもしれない。

筆者:藤田 耕司