緒方洪庵も分からなかった謎の「物体」 正体は「キャンドルスナッファー」

ざっくり言うと

  • 江戸時代の医師・緒方洪庵も分からなかった謎の物体の正体が明らかになった
  • 正体は、ろうそくの火を消すための「キャンドルスナッファー」だった
  • 全長18.5cm×幅3cmの金属製で先端がはさみのように開閉できる仕組みという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング