妻の重症「肩こり」が治った名医の意外な治療法

写真拡大

「ストレートネック」の診断は
疑わしく、治療も効かなかった

 長年に渡り、結子さん(仮名・55歳)は"肩こり"に悩まされてきた。

 首の後ろは銅板のように硬い。

 肩はパンパンに張り、ズキズキ痛んで眠れない夜がある。肩から指先にかけて痺れるような感覚があり、腕全体の重みが肩にかかっているようで、吐きそうになる。

 上手と評判の整体院でマッサージを受けると、一時的に楽にはなったが、数時間ももたない。

 (肩こりってこんなにつらいものなのかしら、本当は重い病気が隠れているんじゃないかしら)

 何度も疑った。

 テレビの医療バラエティ番組で、

「心臓病から来る肩こりに注意。狭心症や心筋梗塞など、心臓に関わる病気になると、その関連放散痛として、肩こりが起こることがある」

 と言っているのを観た時は、自分も心筋梗塞かもしれないとドキドキし、さっそく心臓病や診療で定評がある内科クリニックを受診してみた。

 結果は異常なし。ただちょっと血圧が高いということで、運動して、塩分を控えるよう注意された。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)