シリア・ダマスカスの国立博物館で公開された、イタリアでの修復を終えた男性の胸像(2017年3月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に破壊されたシリア中部の古代都市パルミラ(Palmyra)から救出された貴重な胸像2体がイタリアで念入りな修復を終え、2月28日、シリアに戻された。同国の考古学当局者が1日、明らかにした。

 ISは2015年5月にパルミラを制圧したのち、市内の遺跡や神殿を組織的に破壊するとともに、多数の考古学上の貴重な遺物を略奪。シリア政府軍が奪還したこの1組の男女の胸像は紀元2〜3世紀のもので、ハンマーでたたかれたとみられるひどい損傷を負っていたが、盗まれることなくパルミラから回収された文化遺産はこの2体だけとみられている。

 AFPの取材に対してシリア文化財博物館総局のマムーン・アブドルカリム(Maamoun Abdulkarim)総局長は、「これは過激主義や蛮行に対抗するため、異なる国の人々が協調することを阻まない文化外交の一つだ」「最後には、シリアの遺産は人類の遺産になる」と話した。
【翻訳編集】AFPBB News