写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TCLコミュニケーションは、世界最大級のIT・モバイル展示会「Mobile World Congress(MWC) 2017」に合わせ、「Alcatel(アルカテル)」ブランドの新スマートフォン3機種を発表した。なかでも「A5 LED」は背面にLEDライトを備え、着信やFacebook、アラームといった用途に応じて、光の色や発光パターンを変更できる。

○A5 LED

A5 LEDは、本体に装着したLEDカバーにより、通知やゲーム、音楽など、再生コンテンツの内容に応じて背面が発光する、5.2型のAndroidスマートフォン。内蔵の発光コントロールアプリ「Color Catcher 2.0」で発光色やパターンを設定できる。となるとバッテリ駆動時間に影響が出そうだが、ブース担当者によると「大きな影響はない」という。

LEDを背面に内蔵した本体は、さすがに若干厚い印象だが、5.2型の画面サイズは大き過ぎず使いやすそうな形状だ。背面のLEDライトアップは内蔵アプリで管理する。AmazonのAIサービス「Alexa」アプリも搭載し、音声コマンドによる情報の取得やスマート家電の制御なども行える。

プロセッサは8コア、メモリは2GB、ストレージは16GB ROMで、前面に8MP、背面に5MPのカメラを備える。ディスプレイは5.2型のHD解像度。OSはAndroid 6.0を採用する。通信は4G LTE Cat4に対応し、IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.2を搭載。2017年2Q期にワールドワイドで販売開始。価格は199ユーロ(約24,000円)とお手頃。

○PLUS 12

同じくMWC 2017にあわせて発表された、11.6型フルHDの着脱式2in1 PC。注目はキーボードにSIMスロットを備え、microSIMを挿入できるLTEキーボードが付属する点だ。LTEキーボードはルータとして機能し、PC本体を含め複数のデバイスを接続できる。このほか、本体側面には指紋センサーを備え、Windows Helloにも対応。展示機の仕様は4GBメモリ、32GBストレージで、プロセッサはIntel Celeron N3350を内蔵していた。

キーボード面はプラスチック素材で少々安っぽい印象もあるが、打ち心地は軽いタッチで悪くない。タブレットの重量は599g。タブレットのみを持ち上げると軽く持ち上がるが、約365gのキーボード込みで全体を持ってみるとやや重い。

価格は499ユーロ(約60,000円)とこちらもかなりお手頃。7月にヨーロッパで発売予定とのこと。

(村田奏子)