2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人の細部にわたる気遣いは恐ろしいほどだと紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年3月2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人の細部にわたる気遣いは恐ろしいほどだと紹介する記事を掲載した。

日本の細かな気配りは世界的に有名だが、記事ではその具体例の数々を紹介。その1つが視覚障害者誘導用ブロック、つまり点字ブロックだ。例えば小便器には、人が立つ位置の足元に点字ブロックがあることや、マンホールの上ですら点字ブロックがあることを写真入りで伝えた。

また、道路工事の仕方も日本人らしくきっちり仕事をしていると紹介。工事現場では作業員、監督、交通誘導員など、仕事をきちんと分担し異なる服装をしているのでひと目で分かり、それぞれが責任を持って自分の仕事をこなしていると伝えた。また、カラーコーンなどの工事中であることを伝える表示がはっきりとしていて、できるだけ市民生活に影響を与えないようにしているとした。

さらに、大型バスの運転手は、運行前に車両点検を行い、すべてのタイヤについてネジの緩みがないか確認し、乗客が乗車するときは小さなステップを置くことで乗車しやすくし、駐車する時はタイヤストッパーを置くとし、そのきめ細かさを強調した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「マンホールのふたにまで点字ブロックがあることに感動した!」「日本のミキサー車は新車のようにピカピカなんだ。非常に印象深い」など、称賛のコメントが多く寄せられた。

また、「日本には何度も行ったことがあるが、日本人は素養が高い。中国人の民度を見てみろよ」「わが国のマンホールのふたはでこぼこで平らじゃないのに誰も直さない。でも道路の監視カメラと罰金を増やすことには積極的だ」など、中国と比較したコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/山中)