やりすぎ防寒対策は男子ウケNG 寒くてもしちゃダメな非モテコーデ

写真拡大 (全10枚)

美容や健康に冷えは大敵! 冷え取り靴下などカラダを温める商品がたくさん出ていますが、あまりにやりすぎてしまうのは非モテ行為です!
今回は男性に女性の防寒についてどう思うかを取材してきました。


インナーでゴテゴテ防寒は男性には不評


冷え性さんが多い女性にとって、寒さは大敵。
お風呂と寝る以外は、おうちに中でもずっと靴下を履いている方も少なくないですよね。スカートや、トレンドのワイドパンツなどのお尻周りがスースーするボトムの時は、毛糸のパンツを履いている女子もきっと多いはず。 

でも男性からはこんな意見が……。
「大人でも毛糸のパンツ履いる人いるんですか? 嫌ですね」
「いい雰囲気になったとき、脱がしても脱がしても玉ねぎみたいに着ていると、途中で気持ちがなえますね」
「毛糸のパンツとか腹巻とかをするくらいなら、カイロを貼ってる方がましかな」

3名の男性から一致して毛糸のパンツの存在を否定されました。あったかアイテムは冬の定番アイテムですが男性からすると不人気みたい。

防寒するなら“外は厚め、中はすっきり”が良いみたい



とはいえ、男性の意見で寒いのを我慢するのはなんか違う。それなら、防寒グッズをおしゃれに工夫して着こなしちゃえばいいんです!

今や冬の定番になりつつある、ユニクロのヒートテックなどの防寒機能インナーなら、薄いし重ね着をしても着ぶくれはしにくいです。さらにフィット感を求めるなら下着メーカーのものが、よりスッキリと着られるように工夫されています。

下半身も、保温性の高いレギンスやタイツならすっきりと見えますし、ボリュームのあるものを着なくても、薄型でしっかりと保温してくれるものならボトムのラインにも響きませんよね。

インナーダウンでおしゃれに防寒



朝晩と昼で気温差のある時期は、どんどん重ね着するのではなく、インナーダウンですっきりとした防寒対策を! コンパクトにたためるインナーダウンは、軽くて持ち運びにも便利です♡ 

春定番のトレンチコートの下に着ても、ごわつかず、すっきり着られるのがいいところ。


マルハチインナーダウン / ¥6372 / 着膨れしないインナーダウンは、持ち運びにも便利な優秀アイテム。


インナーダウンブルゾン / ¥2990 / 薄めのアウターでも、INすればあたたかく過ごせるインナーダウンブルゾン。冬のおしゃれの幅がぐっと広がります。

男性の意見であったのが、「ダウンコートとかアウターにしっかりしたものを着て、中は薄着だとアウターを脱いだ時に色気を感じる」という意見。そのギャップがいいのだそうです。

おしゃれ的にもインナーはできるだけスッキリしていた方がバランスは良いのでぜひ参考にしてみて!

オフィスでも空調に合わせておしゃれな寒さ対策を




一日の大半を過ごす職場では、エアコンの風などからできるだけ冷えを守りたいもの。でも打ち合わせや来客があってなかなか自由なおしゃれを楽しめないという人もきっといるはず。

そんな時はシンプルな服装に小物類を追加して寒さ対策とおしゃれを同時に叶えちゃいましょう!

大判ストールが使える!




ひざかけとしても使える、大判のストールは、1枚持っておくと便利なアイテム。外出時はマフラーのようにして使って、社内にいるときにはひざかけや羽織として使えば一石二鳥です!
シンプルなコーデをちょっと違う印象にもみせてくれますよ♡

デートや飲み会では、アウターやストールで調整できるようにしておけば、男性からも好印象ですね♪


大判マフラー / ¥4104 / ストールとしてお使い頂くのはもちろん、外出先ではブランケットとしても活躍します。


チェック柄大判ストール / ¥2480 / ファッションアイテムはもちろんオフィスなどでのひざ掛けなど幅広く活躍できます。使い勝手◎

決してモテを意識しすぎて薄着でいる必要だってありません。でも、着ぶくれしてしまうとファッションも楽しめませんし、せめて外出する時だけでも薄くて防寒できるものに変えて、女子力を下げ過ぎないようにしたいですね。
(キノシタマユコ)