“毎朝ご飯ばかりだと飽きるから、たまにはパンが食べたい”などと、男性の浮気願望を比喩する表現がありますが、大丈夫です。世の中には“ご飯”だけで彼を満足させてしまう女性というのがいるのです。それは絶世の美女やパーフェクトボディである女性とは限らないのです。
それでは一体どのような女性が男性を浮気させないのでしょうか?

変幻自在の対応ができる女性

もちろん彼氏と彼女であることに変わりはないのですが、あるときは同志になれたり信頼関係をつくることもできる女性。つまり、彼にとって人間関係や仕事の悩みなど、相談し合えるような良き理解者にもなれるかどうかということです。
恋愛という部分を取り除いたとしても“人として信頼できる”とか“パートナーとして信用できる”という部分があるとすれば、それはとても強い絆となります。とりあえず、あなたに報告しなきゃなと思うということは、いかに2人の間で信頼関係が構築されているかという証しでもあるからです。

手がかかる女性

一見、口うるさく言わない(拘束しない)女性の方が良さそうなイメージがありますが、男性は、そもそも“余裕がある”ことで浮気しやすい傾向があります。ところが手のかかる女性というのは、そんな余裕を与えずに「しょうがないなあ」と、物理的に忙しくさせてしまいます。なにかを考えてもらったり作業を手伝ってもらったりと、つまり頼ることが上手な女性は放っておけないので、彼に浮気する余裕を与えないからなのです。
また、そうして手伝ってくれたさいに、当たり前とは思わずに必ず彼を褒めちぎるので、彼はさらに頑張ろうという気持ちになるわけです。手はかかるけれど褒め上手な女性は、男性にとって“求められてる感”がわかりやすく“必要とされてる”と伝わりやすいので、手放されることはないでしょう。

手間を惜しまない女性

まさに気配りといった女性らしさを持っている女性のことですが、なにかをするときにプラスα加えることができるかどうかで差が出ます。
たとえば、風邪ぎみの彼にさりげなくのど飴を用意しておくとか、彼のほどけた靴ひもに気づいて結びなおしてあげるとか、なにかを手渡しするときに片手で渡さずに、もう片手を添えるとかちょっとしたことの積み重ねが大切です。
これはいくら身なりを着飾ってもガサツな女性はゲンナリされてしまうので、そういった心配りを惜しまない女性は、ずっと大事にされることでしょう。

いかがでしたか? 自分が彼の立場であっても大切にしたいと思いませんか? 美しいだけ。スタイルが良いだけ。セックスの相性が良いだけでは、つまみ食いされてしまう日がきてしまうかもしれませんが、この3か条の女性は、そんな心配ご無用です! いつまでもいつまでも彼に大事にされることでしょう。