原作・主演をつとめる杉原杏璃

写真拡大

人気グラビアアイドルでタレントの杉原杏璃の自叙伝的小説を、杉原主演で映画化する『...and LOVE』。この作品の大ヒット祈願イベントが3月1日に新宿の花園神社で行われ、杉原をはじめ、森下悠里、藤井奈々、戸田れい、野々宮ミカ、池田夏希、鈴木ふみ奈、天木じゅん、佐山彩香、手塚穂奈美といった本作に出演する豪華グラビアアイドルが登場した。

杉原杏璃主演映画のクライマックスシーン撮影に豪華グラビアアイドルが結集!

原作者で主演の杉原は「もともと、雑誌に連載したものを本にしていただき、映画になったということに、ただただ驚いていますが、大変うれしいです」とコメント。劇中ではラブシーンに初挑戦しているが、緊張が止まなかったと明かすと、「脚本には、原作にない氷を体の上に置いてもてあそばれるシーンがあったりしてドキドキしました。こんなこと私生活で最近なかったな、みたいな。だから現場に行くのが、ドキドキしつつも楽しみでした」と振り返った。

また、大勢のグラビアアイドルと共演した感想を聞かれると「私は元々デビューが24歳頃で遅咲きだったので、どの子が同い年で、同期なのか、わからなくて、グラビアのお友だちがいなかったんですけど、こんな風にグラビアアイドルのみなさんに映画に出演していただいて、思わず、現場でウルウルきちゃいました」と答えた。

そんな杉原のことが「昔から憧れだった」という天木は「私もコンプレックスがあって、最初は胸が大きいのが嫌だったんですけど、杏璃さんもたくさんの努力をして今の素敵なフォルムがあるのだと思いました。今、杉原さんと同じ所にいて、大変幸せです」とコメント。

池田は「グラビアって一般的に仲悪いというイメージがあるけど、今日も、みんなでわいわいがやがやして仲良しです」と語り、森下は「私は杏璃ちゃんとデビュー当時、現場でもお会いすることが多かったんですが、その頃はあまり親しくはなかったんです。今回、杏璃ちゃんと共演して、遠い存在だと思っていたのに、こんなに近しい存在になったのが嬉しかったです」と話した。

最後に杉原は「グラビアの物語で、男性はもちろんですが、女性が社会に出るというお仕事を通じての悩みや恋愛などを描いているので、女性の方にも見ていただきたいです」とアピールしていた。

『...and LOVE』は3月18日よりシネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田にてレイトショー公開。ほか、全国順次公開となる。