2年以上セックスがない……。

セカンドバージンになってしまったら、“あの頃”のように、思い切りアタックできなかったり、いざという時に躊躇してしまうこともありますよね。

抜け出す方法はたった1つしかないのに、心がなかなか追いつかない。

そこで今回は、セカンドバージンになってしまった女性へ、男性心理から紐解く抜け出すための心構えをご紹介。

セカンドバージンから抜け出すヒントにして下さい。

 

■恐れないで!男性はセックスに匠の技など求めていない

セカンドバージンになってしまったあなたがセックスを躊躇する理由が、「上手くできるかな?」、「嫌に思われないかな?」などでしたら、心配はいりませんよ。

そもそも男性が彼女にしたい女性に対して、“セックスの上手さ”を、女性が思うほど強くは求めてはいないからです。

勿論、下手くそより上手いに越したことはありませんが、そのような理由で、好きな人を嫌いになるほど野蛮な人は少ないでしょう。

もしも、ワンナイトラブや遊びなら、容姿やセックスの上手さだけを重視されるでしょうが、好きという感情には、そんなものあまり重要ではないのです。

彼を野蛮な人間だと疑うことにもなるので、不必要な不安は相手を傷つける可能性もありますよ。

 

■打ち明けるのも一つの手!優しいセックスをしてくれるかも…

セカンド処女であることを、打ち明けるのも一つの手です。

よほど、「聞きたくなかった」と駄々をこねる男性でない限り、性に関する悩みを打ち明けることは、お互いにとって良い兆しであり、性のコミュニケーションが、より良い関係を築く石垣になることもあります。

そして、「久しぶりで……」と打ち明けてくれれば、男性も優しくエスコートして、ブランクを埋めるのに程よいセックスをしてくれるでしょう。

打ち明けたにも関わらず、あなたにとって難しいセックスを求めてきたならば、彼は思いやりに欠ける人と見極めることもできますので、深みにはまる前に、手を引くことも容易いですよ。

セカンドバージンという境遇を逆手に取り、その男性が本当にあなたにとって最良の人かどうか、見極めの材料にしてみましょう。

 

■不安はお互いさま?男性も不安でいっぱいかも

人の心というのは、本当にわからないものです。

自信に満ち溢れ、決して悩みなど感じさせない人であっても、実は心の中は闇に包まれ、不安と恐怖で今にも崩れてしまいそうになっていることもあるのです。

それは極端ですが、あなたが抱いている不安を、なぜ男性が抱いていないと言えましょうか。

誰しも少なからず不安はあります。それをどう自分の中で対処するかによって、大きく膨れ上がるか、小さく抑えれるかが分かれます。

大小あれど不安はお互いさま。自分だけが不安を抱いていると勘違いしないことは、セカンドバージンを抜け出す心構えとして、覚えておきましょう。

 

■誘いにはできるだけ乗る

セカンドバージンを抜け出したいなら、誘いにはできるだけ乗るようにしましょう。

尻軽になるという意味ではなく、都合が合うなら、食事でも映画でもデートはできるだけして下さい。

躊躇していたことがウソのように、強く「抱かれたい」と思う時が来るかもしれませんよ。

 

多くの人は、何かを始める前に悩みを抱きます。

ステージに立つ前、転職する前、起業する前、新しいことを始める前、どんなコトに対しても、始めてもいないことに悩み苦しむのは、滑稽ではありませんか?

何事も、初めて始めることであっても、始めてからもっと大きな悩みや苦しみが待ち受けているものです。

様々な思いでセカンドバージンから抜け出せないと思うことがあるでしょうが、先人の残した知恵に従うなら、まずは踏み出す勇気が、何よりも大切ですよ。

【画像】

※ George Rudy/shutterstock

【関連記事】

※ もしかしてバレバレ!? 男が「この子最近ご無沙汰だな…」と思う瞬間

※ 攻め下手を克服。「エッチ」で彼をリードするコツ

※ 男の運気をアゲル。「あげまん女」になる秘訣

※ かわいすぎっ♡男子がメロメロになっちゃう「モテLINE」3つ

※ 「すげぇ興奮する!」エッチのマンネリを防ぐベッドルームの演出

※ 時間と金を無駄にしない!楽しく出会える「変わり種合コン」って?