『淵に立つ』 ©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

写真拡大

『第17回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち』が、3月18日から20日まで埼玉・所沢市民文化センターミューズで開催される。

【もっと画像を見る(10枚)】

「映画を観ることの楽しさを再発見する」ことを目的に、日本だけでなく海外でも注目を集めた日本映画を上映する同イベント。『ぴあフィルムフェスティバル』を運営するPFF事務局が企画・運営を担当している。会場のマーキーホールはイギリス・スワン座を参考にして設計されたホールとなり、ミュージカルやオペラなどの舞台公演が多く行なわれている。

上映作品は、『第69回カンヌ国際映画祭』ある視点部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』をはじめ、『無伴奏』『湯を沸かすほどの熱い愛』『恋人たち』『団地』『FAKE』『グッド・ストライプス』『オーバー・フェンス』の8本。

登壇ゲストには菊池亜希子、満島真之介、矢崎仁司監督、中野量太監督、橋口亮輔監督、阪本順治監督、深田晃司監督、森達也監督、岨手由貴子監督、星野秀樹らが名を連ねている。