3オーバー24位タイ発進の上田桃子、今年掲げたテーマは“挑戦”(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇2日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>
国内女子ツアー初戦「ダイキンオーキッドレディス」が開幕。近年の国内女子ツアーは、毎年20代前半から中盤までの若手が存在感を発揮し、メディアも新スターの登場を待ちわびる傾向にある。鈴木愛や渡邉彩香はツアーデビュー3年目にはすでにツアー中核選手、昨年は松森彩夏、堀琴音、柏原明日架、永峰咲希、ささきしょうこらが頭角を現し、続々と“候補”が生まれていく。30歳前半の選手“ベテラン”と呼ばれる時代だ。
【関連】8頭身ゴルファーから18歳の天才美女まで!開幕戦初日のフォトギャラリー
強烈な輝きを放ってきた宮里藍、横峯さくら、上田桃子らももう少数派となった30代。2007年、史上最年少で賞金女王となった上田も、30歳となって初となる開幕戦を迎えた。2年前の2015年、28歳の上田が開幕戦で掲げたのは“年間10勝”。若くして頂点に立った選手がモチベーションを保つために掲げた大きな目標だったが、2014年以降の優勝は訪れていない。“ベテラン”となった今年の目標はどこに掲げているのか?
「今年のテーマは“挑戦”です。正直なことをいうと、ゴルフを楽しむことができなくなってくる年齢というか…。経験が邪魔になったりだとか、責任も生まれてきます。結果次第でしか、物事を考えられず、アグレッシブにいけなかったりする思考がありました。小さいことの積み重ねる考えが難しくなっていた。一回初心に帰り、結果を気にせず、本来もっている自分のアグレッシブさを思い出して戦うことで、楽しいという気持ちが出てくるんじゃないかな、と思って。近年は楽しいと感じられなかった」。
最大瞬間風速20.8m/sの荒天の中、アンダーパーは4名のみと厳しい幕開けとなった初日。上田もボギーが先行し、前半は2オーバー。後半立ち上がりの2バーディでイーブンパーに戻したものの、再びスコアを落とし3オーバーフィニッシュ。はたから見れば悔やまれる展開となったが、試合後の口ぶりは自信に溢れていた。
「タフな1日でした。ナイスショットがボギーになってしまったシーンが3つありました。ですが、ティショットがすごく飛距離が出ている部分が自信になりました。今まで、このコースで9番、17番でのフェアウェイバンカーが気になっていましたが、キャリーが伸びて気にならなくなった。オフには、ショットからパットまで、下半身と上半身が連動する意識を持ったリズム感を求めてきましたが、風が強いなかでも、出来たホールのほうが多かったんです。ショットは9割ぐらいは合格点。あとはパットだけですね」。
2015年、2016年の賞金女王、イ・ボミもオフのテーマに掲げていたのは“ゴルフを楽しめるようにしたい”だったという。上田も再びゴルフを純粋に楽しむために戦っているが、初日終了後の表情は迷わず目指す方向に向かっているように見えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

パットで球が飛ぶ!! 上田桃子が試す新たな武器
上田桃子が新ドライバーを大絶賛!キーワードは“バイーン”
石川遼も上田桃子も驚いた、キャロウェイの常識外のクラブ
「一番上を目指して頑張りたい」上田桃子、13年目のシーズンへ気合い十分
秘蔵オフショット写真も追加!女子プロ写真館