倦怠期は3か月ごとにやってくる……。そんなウワサをきいたことがありませんか? 付き合い始めはドキドキが続きますが、3か月たつと少しずつ2人の空気感に慣れ始めて、嫌なところが目についてくる時期。合わないカップルはここで別れてしまうことが多いですよね。ですが、3か月で倦怠期がくることがわかっていれば事前に対処ができるかも。と思いませんか?
そこで今回は、倦怠期がくる前にしておきたい心構えをいくつかご紹介します! 彼と2人3脚でいまいましい倦怠期を乗り越えていきましょう!

少しずつ会う日にちを減らしてみる

付き合い始めは「とにかく会いたい!」って思いますよね。盛り上がりすぎて最初のうちは毎日会っているカップルも多いと思います。そのときはもちろん楽しいのですが、2か月たつと少しずつ気持ちが落ち着いてきて、3か月目には会うのが面倒になってきてしまうのです。最初のうちから会いすぎず、3か月が近づく前に会う日数を減らすと面倒だと感じにくくなるんです。

連絡をとりすぎない

「おはよう!」「今、昼休み!」「仕事終わった!」「おやすみ!」1日に何度も連絡をとってしまうのが付き合い始めによくあるカップルの光景です。しかし、これが3か月目になると義務のように感じて嫌になっちゃうんですね。
最初のうちに多くやりとりをしているから負担に感じてしまうんです。付き合い始めから連絡をとりすぎないように注意すれば、義務感もなく楽しくやりとりができるはずです。

友だちと遊ぶ機会を増やす

恋人ができると友だち付き合いが薄くなる人っていませんか? これはよくない恋愛の傾向です。「友情より愛をとるのか」と思われますし、ケンカしたときだけ友だちに頼ると友だちが減っていく可能性も! 恋人ができても今までと変わらず友だち付き合いを大事にして、彼ばっかりの生活にならないようにしましょう!

趣味の時間を作る

1人の時間はとても大切です。彼と一緒にいすぎると大切さがわからなくなってしまうことってありますよね。趣味の時間を必ずとって、ある程度の距離を保つことが倦怠期をむかえないコツなんです。

2人で話し合っておく

倦怠期をむかえたらどうするかを2人で話し合っておくといいですね。長く付き合えば倦怠期は避けられない問題なので、お互いをしっかり気遣うことを話し合っておけば、たとえ倦怠期をむかえても乗り越えていけるはずです。

筆者は8年間付き合って結婚に至りましたが、付き合い始めから連絡をとりすぎないようにしていました。寂しい気持ちはもちろんありましたが、好きな気持ちがずっと長続きするんです。倦怠期はほとんどなく、1人の時間の大切さも知りました。
まわりが見えなくならないことが重要なので、最初からとばしすぎずに自分のまわりにあるすべてのことを大事にして生活すれば必ず乗り越えられます。世のカップルに幸あれ!