ポドルスキがSNSで移籍を報告「ヴィッセル神戸へ移籍することを決めました」

写真拡大

 ヴィッセル神戸は2日、ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが完全移籍で加入すると発表した。

 移籍発表から約1時間後、ポドルスキが自身のSNSを更新。Twitterでは、「日本と神戸のみなさん、こんにちは。今季終了後、ヴィッセル神戸へ移籍することを決めました。ガラタサライも同意してくれました。新しい挑戦をするための決断です。今度また詳しく話します。いまはガラタサライとそのすばらしいファンのために頑張ります!」と日本語でツイートを投稿した。

日本と神戸のみなさん、こんにちは。今季終了後、ヴィッセル神戸へ移籍することを決めました。ガラタサライも同意してくれました。新しい挑戦をするための決断です。今度また詳しく話します。いまはガラタサライとそのすばらしいファンのために頑張ります!#Cimbom #Gala #Kobe— Lukas-Podolski.com (@Podolski10) 2017年3月2日

 また、自身のinstagramでは「今シーズン終了後、日本のヴィッセル神戸に加入します。これはガラタサライが決めたことではなく、新たなチャレンジを求めて自分で下した決断です。適切な時が来たら、自分で説明します。今はガラタサライの素晴らしいファンを助けることだけに集中しています!」と英文で綴っている。

I can confirm that at the end of this season I will join Vissel Kobe from the J-League in Japan. It's not a decision against Galatasaray, it's a decision I made for a new challenge, and I will explain more when the time is right. But right now my only focus is helping Galatasaray and our fantastic fans! 👍🏻🦁👊🏻 #Cimbom #Gala #Poldi Lukas Podolskiさん(@poldi_official)がシェアした投稿 - 2017 3月 2 1:17午前 PST