写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●4Kが選べる13型の新2in1「Yoga 720」
Lenovoは、MWC 2017に合わせて、Motorolaブランドのスマートフォンだけでなく、Lenovoブランドの2in1 PCの新製品も複数発表した。本稿では、それらLenovoブランドの2in1 PCから注目の製品を取り上げ、インプレッションをお届けする。

○Yoga 720 13"

液晶が360度開閉するコンバーチブル型2in1「Yoga」シリーズ新モデルとして、「Yoga 720 13"」、「Yoga 720 15"」、「Yoga 520 14"」の3モデルが発表されたが、その中で日本で特に注目されそうなのがYoga 720 13"だろう。

日本では、11.6型液晶搭載の「Yoga 710」が発売されているが、Yoga 720 13"には、型番からも想像がつくように、13.3型液晶を搭載している。本体サイズはYoga 710の281×195×14.9mmに対し、Yoga 720 13"は310×213×13.9mmとやや大きくなってはいるが、液晶左右および上部ベゼル幅が狭められているため、なかなかコンパクトにまとまっているという印象。重量は約1.3kgと、1kgを切る13.3型モバイルが多く登場している現在ではやや物足りなく感じるが、それでもモバイル用途として十分満足できる重量と言える。

液晶は13.3型のIPSパネルを採用し、表示解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)または4K(3,840×2,160ドット)を選択可能。パネル表面は光沢仕様で、外光の映り込みがやや激しく感じるものの、表示品質は申し分ない。展示機ではフルHDパネルを搭載していたが、4Kパネルを選択できるという点は、ユーザーにとって魅力となりそうだ。

2in1のため、もちろんタッチ操作に対応しているが、スタイラスペン「Active Pen」も利用可能。Windows Inkにも対応しており、手書きメモやイラスト作成といった様々な用途に活用できる。展示機でのペンの使い心地は、ペン先がやや画面に引っかかりやすいという印象も受けたが、追従性は申し分なく、まずまず軽快なペン入力が可能だろう。

アイソレーションタイプのキーボードや大型タッチパッドの使い勝手も上々。キーボードバックライトも搭載しているので、場所をとわず軽快な入力が可能だろう。また、カーソルキー下部パームレストには指紋認証センサーを標準搭載する。Windows Hello対応で、セキュリティを高めつつログオン時の省力化を実現できる。

CPUは第7世代Coreプロセッサ、メモリ最大16GB、内蔵ストレージ最大1TB PCIe SSDと、スペック面も充実。価格は欧州で999ユーロからとなっており、コストパフォーマンスに優れる13.3型コンバーチブル2in1として、かなり魅力的な製品と言えるだろう。

○Yoga 720 15"

なお、Yoga 720 15"は、液晶サイズが15.6型に大型化され、ディスクリートGPUとしてGeForce GTX 1050を搭載可能となっている。液晶が大きいため、サイズは364×242×19.9mm、重量は約2kgとなるが、その他の仕様はYoga 720 13"とほぼ同じだ。欧州での価格は1,099ユーロからとなる。

○Yoga 520 14"

Yoga 520 14"は、14型液晶を搭載する製品で、より安価なモデルとなる。液晶の表示解像度はフルHDまたはHD(1,366×768ドット)となるが、CPUは第7世代Coreプロセッサ、メモリ最大16GB、SSDとHDDの同時搭載に対応、スタイラスペンのActive Penもサポートするなど、仕様面は充実。サイズは328×229×19.9mm、重量は約1.75kg。欧州での価格は599ユーロから。

●価格は269ユーロ、お値打ち2in1「Miix 320」
○Miix 320

Miix 320は、液晶着脱式2in1の新モデルとなる。Yogaシリーズよりも安価な価格帯に位置づけられた、エントリークラスの製品だ。とはいえ、着脱式2in1仕様を実現するだけでなく、LTE通信対応モデルも用意されるなど、なかなか魅力的な仕様を実現している点が特徴だ。

液晶は10.1型で、表示解像度はフルHD。エントリークラスながら、フルHD液晶を搭載する点はなかなか魅力的。また、カバー型ではなく、ハードタイプのキーボードドックを採用しているため、クラムシェルPCとしての利便性も優れている。そのキーボードも、ピッチは十分に余裕があり、タッチタイプも余裕で、文字入力も軽快にこなせるという印象だ。

タブレットとキーボードは、マグネットで固定。着脱は容易で、マグネットの磁力も比較的強いため、装着時に画面がぐらついたり、液晶部を持って持ち上げても簡単にキーボードが外れることはない。

重量は、タブレット単体で550g、キーボードと合わせても1,050gと軽さは十分で、モバイル用途も申し分ない。そして何より、LTE対応モデルが用意されているという部分は、間違いなくこのクラスの競合製品に対する優位点となるだろう。

ただし、ボディ素材はプラスチックとなっているので、低価格モデルらしい見た目だ。また、搭載CPUはAtom x5、メモリは最大4GB、内蔵ストレージは最大128GB eMMCと、このあたりも低価格モデルらしいスペックとなっている。実際に展示機を触ってみても、アプリの起動がもっさりとしていてる部分などはやや気になった。

とはいえ、Wi-Fiモデルで269ユーロ、LTEモデルで399ユーロからという安価な価格は、かなり魅力的。モバイル用途のサブ機としての魅力はかなり大きいと言えるだろう。

(平澤寿康)