感極まる永野芽郁

写真拡大

 やまもり三香氏の人気コミックを実写映画化した「ひるなかの流星」の完成披露試写会が3月2日、都内で行われ、主演の永野芽郁、共演の三浦翔平、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山本舞香、メガホンをとった新城毅彦監督が舞台挨拶に出席した。

 永野らが登壇する直前に予告編が上映され、三浦の「好きだよ」というセリフが鳴り響くと、場内を女性客の爆発的な歓声が包み込む。胸キュンシーンが続々と映し出されるたびにボルテージは上がっていき、そんな様子に一同も満足げな表情。新城監督は、「スタッフ・キャストが力を合わせ、キャーキャー言っていただける作品ができた」と自信をのぞかせた。

 田舎町から東京の学校に転校した女子高生・すずめが、軟派な担任教師・獅子尾(三浦)と無愛想なクラスメイト・馬村(白濱)との三角関係に揺れ動くさまを描いた。お気に入りシーンを問われた永野は、「馬村の『俺のこと好きになればいいのに』と言うシーン。あんなこと、普段言われないじゃないですか」と回答。一方の三浦は「馬村がすずめにマフラーを巻いてあげるところ。ワタシ的にはキュンとしました」といい、白濱から「女子目線!」とツッコミを入れられた。

 さらにすずめが二者択一を迫られることにちなみ、登壇陣の恋愛観に迫る「究極の選択クエスチョン」が寄せられた。男性陣への「自分の恋人の誕生日に、尊敬する先輩に食事へ誘われたら? A:先輩を選ぶ B:恋人を選ぶ」という問いに、三浦と白濱はAの札を上げる。それぞれ「僕ら若手は、先輩の誘いを断ると後々ひどいことになるんですよ。理解してもらいたい」(三浦)、「すぐに先輩のもとに飛んでいきます。彼女とは別日に会を設けます」(白濱)と述べたが、これに山本は「仕事なら良いですけどねえ」と問題提起。永野も「当日に先輩と行くと言われたら『はあ?』ってなるけど、前もって言ってくれたら『じゃあ私も友だちと』ってなります」と異議を唱えていた。

 終始陽気にトークを繰り広げた永野だが、締めの挨拶では感情のたかぶりを抑えることができなかった。「あれ、泣きそうだな。えと……」と顔をあおぎ、こみ上げる涙を拭う。そして観客の励ましの声を受け、「自分が初めて主演した映画が『ひるなかの流星』で、素敵なキャスト・スタッフに囲まれてできたことが、本当に幸せでした。みんなで全力で頑張った、愛を込めた作品です」と真摯に呼びかけると、三浦と白濱は労うように笑顔を向けていた。

 「ひるなかの流星」は、3月24日から全国で公開。