1人の“運命の人”と結婚するリスクって!? 結婚相手の品定めが重要なワケ

写真拡大

【相談者:20代女性】
私の友達に、「結婚するまでにたくさんの人と付き合っていろんな男性を見てみたい」という考えの子がいます。

恋愛経験の少ない私は、「結婚したい」と思う人は一人でいいと思うのですが、世間の女性は皆結婚するまでに品定めをしたいと思うものなのでしょうか?

●結婚後、彼で良かったと思うためにも“品定め”はアリ

はじめまして! 
オンナのお悩みライター・コマツです。

質問者さんのように「この人だ!」と思った人が運命の人だという考え方は素晴らしいと思います。
質問者さんのお友達は、まだ結婚したいと思う相手に出会っていないため、理想の結婚相手の条件を満たす人 と恋に落ちたいと思っているのではないでしょうか。

そう考えると、よりより相手と出会うためにいろんな人と付き合って本当に会う人を探したいというお友達の考えも自然なことかもしれません。

●世間の既婚者、結婚を考えた人数は1.7人

資生堂『マキアージュ』がアラサーの働く女性500名に行った調査では、アラサー女性が「これまでに交際した人数」の平均は4.7人であることがわかりました。

次に、既婚女性が「これまでに結婚したいと思った人」の数は、平均1.7人だったことが明らかになりました。
少なくとも、半分以上の既婚女性は、過去2人以上の男性を結婚対象として見たことがあるということがわかりますね。

一方、未婚女性の平均は1.0人という結果に。
今お付き合いしている人と結婚をしたいと考えているのか、それとも過去大失恋を経験して今に至るのかはわかりませんが、未婚女性のほぼ全員が“運命の人” と出会った経験があるということがわかりますね。

●結婚前にたくさんの人と付き合うことのデメリットは?

結婚前にたくさんの人と付き合って結婚相手の選択肢を広げたいという考えの利点は、自分にとって最適な人がどういう人かを知ることができるということです。
たくさんの人と付き合いいろんな人の考え方を知ることで、いい意味で男性を見る目が養われ、悪いところに対して冷静に判断できます。

しかし、たくさんの人と付き合おうとすると、その分選択肢が広がり、「この人でいい」 という決定的な判断が下しにくいことも。
次にもっといい人が現れるかもしれない、この人で手を打ってはいけないかもしれないなどの欲が出てしまうこともあるので、気がつけば選びすぎて結婚できなかったということにもなりかねません。

●「たった1人の運命の人」と結婚することにもデメリットが

一方、運命の人と結婚できれば良いという考えで注意したいのは、「この人しかいない!」と思うことで、相手の欠点が見えても「きっと結婚後は気にならなくなる」などと良いように目をつぶってしまう危険があることです。

もちろん、欠点も含めて愛せるという覚悟があるのならば問題ありませんが、恋人同士の時には軽く受け流せたことも、いざ家族 になってしまうととても大きな弊害として立ちはだかることもあるのです。

そういった点では、多少なりとも複数の男性と真剣にお付き合いをし、自分に最良な人はどういったタイプの人かを見極めることも大切なことかもしれません。

----------

そう考えると、たくさんの人と付き合い、たくさんの人と喧嘩して、たくさんの人と別れを経験している方が、いざ結婚し夫と些細なことで喧嘩や気持ちのすれ違い があっても、間違いを犯すことなく正しい判断ができるのかもしれませんね。

【参考サイト】
・働くアラサー女性の今を調査/株式会社資生堂

●ライター/コマツマヨ(オンナのお悩み専門ライター)