【詳細】他の写真はこちら

オトコゴコロくすぐるアイツ。

パナソニックの「TOUGHBOOK」(タフブック)といえば、ハードな環境でのお仕事に大活躍しているパナソニック製の業務用PC。米軍にも納入されているなんて噂もあるほどの「堅牢ノートPCの代名詞」です。そんなTOUGHBOOKに、ノート型のみならずタブレット端末としても利用できる新モデル『Toughbook CF-33』が追加されました。



今回発表された『Toughbook CF-33』は、2-in-1スタイルとタブレットのみの2モデルが登場。OSはWindows 10が動作し、12インチ/アスペクト比3:2のディスプレイは書類やウェブなどの閲覧が快適。2-in-1スタイルなら2.761kg、タブレットスタイルなら1.527kgと、やはり重量はヘビー級になっていますが、これはもちろん頑丈さとのトレードオフ。タフな現場で安心して使うことを優先した結果です。

ディスプレイはQHD解像度(2160×1440ドット)となかなかの高解像度で、グローブをつけたままでもタッチ操作が可能。屋外利用を意識してか、ディスプレイの明るさは1200カンデラ。さらにIP55の防水、防塵に対応したデジタイザーペンが付属し、野外でもポチポチっと正確な操作が可能です。

切り離したり、裏返したりとスタイルは変幻自在





2-in-1スタイルの本機は、接続するディスプレイの向きをさまざまに変更可能。キーボードを打ちながら客先に画面を見せたり、現場に向かう際にはタブレットとして気軽(?)に持ち運んだりと、さまざまなスタイルでの運用が可能です。もちろん、Windows 10に搭載された音声アシスタント「Cortana」も利用可能。手が塞がってしまう作業中にも、声での操作が可能です。



『Toughbook CF-33』の価格は2-in-1モデルが4099ドル(約47万円)、タブレットモデルが3499ドル(約40万円)とされています。製品の販売時期は2017年の5月です。

個人で使うにはちょっとオーバースペックなほどの堅牢性を誇るTOUGHBOOKシリーズではありますが、個人的にはいつか手に入れたいと思っている逸品です。

文/塚本直樹

関連サイト



Windows Blog(『Toughbook CF-33』製品ページ)

関連記事



手首がツラくない!トラックボール搭載のタブレット向けキーボード登場!

ユーザー目線で徹底検証! 激安ノートPC「Chromebook」の実力とは?

パソコンレビュー/PC担当ムラカナがチェック! 開いてすぐ使える極薄パソコン『Aspire S S3-951-F74U』