【詳細】他の写真はこちら

もう、従来のスマホと同レベルのカメラじゃありません。

今や世界でも指折りのスマートフォンメーカーとなった、中国ファーウェイ。同社がバロセロナで開催中の「MWC 2017」にて発表したフラッグシップスマートフォン『HUAWEI P10』は、これまで以上に洗練された端末に仕上がっています。

圧倒的な高画質を実現する、デュアルカメラテクノロジー





まず、いまやファーウェイのハイエンドスマホで象徴的な要素となった、ライカとの共同開発によるデュアルカメラ。本機では1200万画素のカラーセンサーと2000万画素のモノクロセンサー、そしてF値2.2のSUMMARIT-Hレンズの組み合わせで、よりリアルに被写体を引き立たせます。さらに3D顔認証機能を利用した、より美しいポートレート写真の撮影も可能。



それ以外にも「ボケ機能」を利用することで一眼カメラのような印象的な撮影が楽しめたり、2つのセンサーを利用した「ハイブリッド・ズーム」機能で劣化の少ないズームができたり……と、『HUAWEI P10』はこれまでのスマートフォンにないカメラ体験をもたらしてくれそうです。

より薄く、美しく、便利に





本体はわずか7mmにまで薄型化。指紋認証センサーを前面に移動させたことで、使いやすさも向上しています。この指紋認証センサーはホームボタンとしてだけでなく、押しこむ時間によって「戻る」ボタンの役割も兼ねるスグレモノです。



表面には精密なダイヤモンドカットフィニッシュを取り入れることで、輝きと強さ、美しい色合いを実現。純正のアクセサリー類も高級感のあるものがラインナップされ、毎日の持ち運びを楽しくしてくれます。



PANTONEとのコラボにより、カラーはグリーン系からゴールド系まで7色が登場。きっとあなたに合う装いが見つかるはずです。本体価格は649ユーロ(約7万7000円)。残念ながら日本は一次販売国に含まれていませんでしたが、この魅力的なスマートフォンに触れられる日を楽しみにしたいですね。

文/塚本直樹

関連サイト



Escape(『Huawei P10』製品ページ)

関連記事



良バランスなSIM2枚挿し端末。デュアルスタンバイが便利な『HUAWEI nova』

【Apple、Google、Amazon】3大IT企業の2016年デジタルニュース総決算

格安モデルからiPhone SEまで! この夏狙いたい最新SIMフリースマホ10選