ルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

写真拡大

 トルコ1部のガラタサライは2日、今季終了後に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸へ移籍すると発表した。

 また、神戸がガラタサライに支払う移籍金の額が260万ユーロ(約3億1000万円)であることも明かされている。

 これに加えてポドルスキが今季のリーグ戦残り試合の75%以上に出場するか、ガラタサライが来季のUEFAチャンピオンズリーグ予選あるいはグループステージ出場権を獲得した場合、神戸が支払う移籍金に20万ユーロ(約2400万円)が上乗せされる。

 今年1月に神戸移籍が噂された際、一時は移籍金300万ユーロ(約3億6000万円)のオファーはガラタサライに拒否されたと報じられていた。しかし、今回の移籍金総額は最大280万ユーロ(約3億4000万円)となる。

 昨年のJリーグ得点王レアンドロが先週末のJ1開幕戦で負傷し、長期離脱が決まった神戸。しばらくはエース不在のまま戦わねばならないが、夏のポドルスキ加入を起爆剤にできるだろうか。

text by 編集部