原因はアクセス集中ではない──DAZNのJリーグ配信不具合、無料視聴2週間付与で手打ち

写真拡大

スポーツ専門の映像配信サービス DAZN(ダ・ゾーン)は、2月25日・26日に発生した配信トラブルに関して、ユーザーへの対応を発表しました。該当ユーザーに対し2週間分の無料視聴を付与するとしています。

アクセス集中が原因ではない


不具合は2月25日と2月26日に発生。ライブ配信及び見逃し配信において、試合を視聴できない状態になっていました。

DAZNの説明によると、エンコーダー・パッケージングツール・複数のデータベースで構成される「エンコーディングプラットフォーム」に障害が発生。原因はシステムの一部不具合で、複数試合によるアクセス集中ではないことを確認したとしています。なお、2月25日にも同様の事象が発生したものの、システム上で正常稼働に復旧したとしています。

対策として、エンコーディングプラットフォームの正常化を実施。すべてのデータベースを再構築し、以降は正常稼働を確認したとのこと。また、バックアッププラットフォームを構築し、既存のシステムに依存せずにDAZNに配信できるバックアップを構築したとしています。

2週間分の無料視聴を付与


配信トラブルに関するユーザーへの対応も発表しました。

2月25日・26日にDAZNで視聴操作をしたユーザーを対象に、2週間の無料視聴期間を提供します。このため、有料会員は、次回の支払日が現在の設定日から2週間後に延長されます。また、無料体験中のユーザーに対しては、無料期間を2週間延長するとしています。

なお、DAZN for docomoユーザーに関しては、2月25日〜26日にDAZN for docomoにログインし、コンテンツ視聴操作をしたユーザーを対象に、dポイント500ポイントを進呈するとしています。