© LINE Corporation

『LINE(ライン)』で、未読のメッセージがないのにもかかわらず、メッセージの未読数を表す赤バッジが残ったままになってしまうといった現象が発生することがあります。

この赤バッジの消し方がわからなくて、「赤バッジがホーム画面に残ったままの状態が気持ち悪い」と感じている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、未読のメッセージがないのになぜか消えないLINEの赤バッジを消す方法をご紹介します。

(※2017/3/3追記:LINEのバージョンを7.1.1にアップデートすることで、この現象が起こらなくなることが確認できました。まだアップデートしていない人は試してみてください!)

消えない赤バッジは「通話」タブの通知だった

未読メッセージがないのに消えない赤バッジの正体は一体何なのでしょうか?

最近、LINEの下部メニューに「ニュース」タブが追加されました。
詳しくはこちら→【LINE】「ニュース」タブが追加! 返信待ちにサクッとニュースを確認できるぞ

実は「ニュース」タブは、「通話」タブに切り替えることができるんです。

その「通話」タブに溜まった通知が、メッセージの未読数と同じように、赤バッジに表示される数としてカウントされているために起こる現象です。

つまり、この赤バッジは「通話」タブを開くことで消せます。


「ニュース」タブを「通話」タブに切り替える手順

「ニュース」タブを「通話」タブに切り替える手順を説明します。

LINEの下部メニューの【・・・】ボタンをタップし、設定ボタンをタップします。

次に【トーク・通話】をタップしましょう。


【通話/ニュースタブ表示】をタップし、【通話】を選択します。


すると、「ニュース」タブの部分が、受話器のような「通話」タブに変更されました!

この「通話」タブをタップして開いた後、ホーム画面に戻ってLINEのアイコンを見てみると、赤バッジがなくなっています。


「未読のメッセージがないのに赤バッジが消えなかった」という人は試してみてください!