チェ・ミンシク&クァク・ドウォン出演「特別市民」4月の韓国公開を確定&予告編を公開(動画あり)

写真拡大

俳優チェ・ミンシクが、映画「特別市民」で4月のスクリーン街に出撃する。

「特別市民」側は本日(2日)、「公開時期を4月に確定した」と明らかにした。

この作品は、チェ・ミンシクの演技の変身で注目されている映画だ。チェ・ミンシクは30年の演技人生で初めて政治家の役を引き受けた。劇中ソウル市長ピョン・ジョングを演じる。次期大統領選挙を狙って、初めて3度目のソウル市長選挙に挑戦する人物だ。

公開された予告編のチェ・ミンシクは、キャラクターに完璧に憑依した姿で目をひく。支持を訴える真面目な姿の裏で、成功的なイベントだと満足そうな姿、そして心の内が分からない表情まで、時々刻々と変化する“政治のプロ”ピョン・ジョングを演じきった。吸引力のある演技で多彩な面白味を伝える。

ここに、クァク・ドウォンは選挙対策本部長シム・ヒョクスを演じた。彼は選挙活動に熱を上げながら、そばでピョン・ジョングを堅く補佐する。

「私たちが選挙を1日2日したとでも?」という台詞と共に自身満々な表情で、ベテラン選挙専門家としての一面を見せる。特に「犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代」に続き再び共にしたチェ・ミンシクとクァク・ドウォンの演技の相乗効果は、完璧な相性に張りつめた緊張感で見る人を圧倒する。

一緒に選挙戦に入門したばかりの広告専門家パク・ギョン役を担ったシム・ウンギョン、政治部記者チョン・ジェイ役のムン・ソリ、ピョン・ジョングに対抗するライバル候補ヤン・ジンジュ役のラ・ミラン、ヤン・ジンジュキャンプの選挙専門家イム・ミンソン役を務めたリュ・ヘヨンまで集結した。