やってみるとわかる、実はすごく難しい。

『ウォーキング・デッド』は放送開始と同時に社会現象を巻き起こしたゾンビサバイバル・ドラマ。そんなドラマの世界を楽しんでもらうために、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに『ウォーキング・デッド』のアトラクションがオープンしたという話は以前お伝えした通り。

アトラクションの中を100人のウォーカーが徘徊する中、来場者は富士急ハイランドの「戦慄迷宮」同様、歩いてゴールを目指すというものです。

以前の記事では、アトラクション用ウォーカーのブートキャンプの様子を写した動画を最後に紹介しました。今回は、machinimaのフェイスブックに投稿されたアトラクション用ウォーカーのオーディション映像をご覧ください。



公式アトラクションだけあって、ドラマの世界観を維持することが重要。審査員の目も真剣、始終ペンを動かしていますが合格者の番号をメモしているのでしょうか。

江頭2:50みたいに体をこわばらせながら前のめりに歩いている人がいますが、彼は合格したのかな。印象的な演技ですが、実際にアトラクションの中で見かけたらちょっと笑ってしまうかもしれません。

・孤島に炭鉱にミサイル基地も。対ゾンビ用に使える家屋10選

image: facebook
source: facebook

(中川真知子)