SUPER GT2017シーズン開幕前に初音ミクのGTマシンの走りが見れちゃう、という太っ腹なイベントが、2月26日に筑波サーキットで開催の「モーターファンミーティング」。

1

モーターファンミーティングの中ではいくつかの催しが行われていましたが、やはり最大の注目はTC2000のコースをSUPER GT GT300クラスで活躍した、そして今年も活躍するであろうGT3マシンが走りまくると言う「初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭」。

そのオープニングセレモニーに並んだドライバーの凄さに驚愕。初音ミクのSUPER GTマシンでSUPER GTに出場する谷口信輝選手、片岡龍也選手は当然として、2011年と2014年の歴代チャンピオンマシンには小林可夢偉選手、そして片山右京監督が乗り込みます。

その豪華ラインナップがSUPER GTのGT3マシンでバトルをするというのだけでもドリームなのに、なんとその助手席に乗れてしまうというドリームまでかなえてくれるという「初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭」。事前販売された谷口選手、片岡選手、片山監督の助手席は発売と同時に即完売!

そして小林可夢偉選手の助手席は当日の来場者の中から抽選で選ばれます。朝一番に行われた抽選会、応募した来場者にはかなりの緊迫感が!

GT3マシンに特別にレース用のバケットシートで助手席を取り付け、SUPER GTドライバーの横に乗り込みます。同乗走行と言えどかなりガチで攻め込んでいます。その上レースさながらのバトルシーンも展開。

今年度の参戦マシンにも助手席が取り付けられました。

GT3マシンに乗れなかった方々も、抽選でメルセデスAMG GTやA450 AMGの助手席で、元グッドスマイルレーシングドライバーだった佐々木雅弘選手やF4で活躍する河野駿佑選手、スーパー耐久でR35GT-Rに乗る藤波清斗選手、元グッドスマイルの監督でコミュニケーションダイレクターだった全日本ラリードライバーの大橋逸夫さんのドライブを堪能できました。

初音ミクレーシングプロジェクトと言えばこちらも見逃せないレーシングミクサポータズ2017。その撮影会も同時に開催。

プレゼント抽選会もレーシングミクサポータズ2017とともに始まります。

初音ミクにちなんだグッズから昨年度にAMG GT3が実際に使ったブレーキディスクまで、ファン感謝祭ならではのプレゼント!

また、第1コーナー裏手では「痛車ファンミーティング」も開催。数多くの痛車が集結し、華やかな雰囲気を醸し出していました。

その痛車ファンミーティングでベストオブ痛車賞やオプション賞などのアワードを受賞した痛車3台と痛単車1台。どの痛車もただキャラクターを貼るだけではなく、クルマ自体にも大きなこだわりを表現していました。

そしていよいよ現役SUPER GTドライバーとF1経験者でスーパーフォーミュラードライバー、そして元F1ドライバーの監督、という凄い組み合わせのドリームマッチが開催されます。

2015のSLS AMGには片岡選手、2011のBMW Z4には小林選手、2014のZ4には片山監督、そして今年の参戦マシンには谷口選手が乗ります。

5分間の慣熟走行のあと、グリッドスタートでレースが始まります。

1台だけラップタイムが早すぎるという理由により、谷口選手の乗る今年度マシンAMG GT3は、他の3台が第1コーナーを曲がる頃に10秒遅れでスタート。

なんせこの初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭のなかで、筑波でのGTマシン最速記録を樹立しましたから。なんと往年のGT500マシン「ARTA NSX」よりも速いタイムをたたき出しました。

3番グリッドから快調にスタートし、トップを走っていた片山監督を抜きそうな勢いで走行していた片岡選手が緊急ピットイン!なんと電気系トラブルが発生とのこと。こんなところまでSUPER GTぽさ満点です。

それにしても今年のマシンはむちゃくちゃ速い!7ラップ目にはもう小林選手を抜きにかかります。

そして8ラップ目にはトップを行く片山監督にスリップストリームに着き、スタンド前で前に!来場者は大歓声!

しかし、谷口選手はラストラップでまさかのガス欠!このドーリムマッチは片山監督の優勝となってしまいました。

片山監督、チーム主催のカート大会、昨年のファン感謝祭、そして今回とドリームマッチ3連覇の偉業を達成。その本気すぎる走りに他の選手からは「おとなげない」との声もありましたが、片山監督曰く「勝ちは勝ち!」。

ガス欠でスロー走行のまま、とりあえず完走した谷口選手ですが、ピット出口付近でストップ。傾斜を利用して惰性でピットロードをバックするという状態。谷口選手曰く「ガソリンちゃんと入れといてよ!」。

ガチなバトルのあとの、そんなお笑いネタも楽しかった初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭、そしてモーターファンミーティング。来年も楽しみに、そして今シーズンの初音ミクGTプロジェクトの活躍に期待します。

(写真・文:松永和浩)

歴代・初音ミクGTマシンが筑波でガチバトル!モーターファンミーティングの「初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭」(http://clicccar.com/2017/03/02/450283/)