写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の沢村一樹が2日、都内のスタジオで行われたテレビ朝日系の2夜連続スペシャルドラマ『そして誰もいなくなった』(25・26日21:00〜)の制作発表会見に登場。撮影で絡みがなかった、殺される役の豪華キャスト陣について「亡霊と会っているような気持ち」と心境を語った。

このドラマは、主演の仲間由紀恵ら、絶海の孤島に招待された10人が次々と殺されていくアガサ・クリスティの傑作推理小説を、日本で初めて映像化するもの。沢村は、この殺人事件を解決するために島にやってくる刑事役を、荒川良々とともに演じる。

そのため、沢村らが現場入りしたのは、事件の後のシーンからであり、共演陣が一堂に会するのは、この会見が初めて。沢村は「皆さんの足跡を1つ1つたどっていくように、事件を解決していきました」と撮影を振り返りながら、荒川以外のキャスト陣について「なんだか亡霊と会っているような気持ちになって、すごく怖かったです」、荒川も「沢村さん以外の方は…怖かったです」と吐露した。

不可解な連続殺人事件で、数々の難しいトリックが仕掛けられている今作。沢村は「この謎を解けるのは普通の人ではないだろうな」と考え、思いを巡らせた結果、「意外と身近なところに、モデルになる方がいまして、テレビ朝日の五十嵐(文郎)さんという方なんですけど…」と、このドラマのチーフプロデューサーの名前を挙げた。それにより、特徴的な黒縁メガネという役づくりが生まれたという。

そして、現場に入った初日に、「皆さんがそこで1カ月以上過ごしていた気迫みたいなものが残っていた」と振り返り、「それに負けないようにするには、やっぱり五十嵐さんの力をお借りするしかなかった」と、助けられたことを話していた。