通貨連動型ETF、近く上場へ=台湾証取

写真拡大 (全2枚)

(台北 2日 中央社)通貨の値動きに連動する上場投資信託(ETF)が近くにも上場する。台湾証券取引所が1日までに明らかにした。

通貨連動型ETFの上場により、外貨投資の選択肢が増え、外国為替市場の取引規模拡大に期待がかかっている。

同取引所によると、一般市民による外貨投資は、銀行での現金両替や外貨預金など手段が限られていたという。

元大(ユアンタ)投信は、銀行を通じた外国為替取引に比べ、通貨連動型ETFの方は取引コストが格段に低いほか、関連商品の多様化で利益も出やすいと指摘した。

(田裕斌/編集:羅友辰)