FC東京で練習をこなしたP・ウタカ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 FC東京入りを発表した翌日の3月2日、ピーター・ウタカが改めて新天地での意気込みを語った。
 
「自分はストライカーなので、しっかりとゴールを決めたい。得点のチャンスに絡めるよう、良い準備をしたい。もっとも、なにより重要なのはチームの勝利。そのために戦うこと、ハードワークをこなすこと。それが重要です」
 
 昨季は広島でJ1得点王に輝いただけに、その決定力への期待は大きい。ただ、本人はいきなり出番が来るとは思っていない。
 
「加入したばかりですからね。何試合かは使われない可能性が高いです。でも、ゴールを狙うイメージは常にありますよ」
 
 気になるのは起用法だ。FC東京にはすでに大久保、前田など優秀なストライカーがある。ライバルを蹴落とし、定位置を掴めるのか。それとも、CFではなくトップ下やサイドのポジションを求めるのか。
 
「どのポジションでも大丈夫です。そこは自分が決めることではありません。監督の決定に従いたいと思います。繰り返しになりますが、重要なのはチームの勝利。このチームに加入した一番の理由はタイトルです」
 
 大きな野心を胸に、P・ウタカがFC東京に歓喜をもたらせるのか、期待したい。