写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(毎週金曜24:12〜)が、人気TVアニメ『おそ松さん』とコラボポスターを掲示することが2日、わかった。

『バイプレイヤーズ』は、日本映画界を支える名バイプレイヤー6人(遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研)が、本人役としてシェアハウスで共同生活を送るという設定のドラマ。中国のネット配信動画チャンネルの開局記念番組となる『七人の侍』リメイク版オファーを受けた6人は、絆を深めるため共同生活を始める。

また、『おそ松さん』は2015年10月〜2016年3月にテレビ東京深夜アニメとして放送。赤塚不二夫の名作漫画『おそ松くん』に出てくる6つ子が大人になってニートに、という設定で、ナンセンスなブラックコメディとして絶大な支持を受けた。

今回は、松野家の6つ子が『バイプレイヤーズ』を視聴し、「6人の成人男性が、ひとつ屋根の下で暮らす」という共通点を発見。「このドラマ、俺たち出た方がいいんじゃね?」「ちょうど6人だし、キャラも被ってるし」と、勝手になりきってポスターを制作しプロデューサーに売り込んだことから、コラボが実現したという。

同局 濱谷晃一プロデューサーは、「突然の6つ子からの売込みに驚きました」と振り返りつつ「6つ子のキャラが、バイプレイヤーズ6人それぞれの性格と一致している!」と納得。「あの6つ子がポスターまで作ってくるほどの今回の意気込みに感動しまして…」と語り、「テレビ東京のアニメとドラマの異色コラボ」の実現経緯を説明した。

濱谷プロデューサーは「今のところバイプレイヤーズ×おそ松さんのアニメ化の予定はもちろんありません」と否定しつつも、「6つ子からさらなる申し出があれば…」と含みをもたせた。

ポスターは、3月7日から12日の期間限定で掲出される。場所はテレビ東京グッズショップの「テレ東本舗。」「テレ東本舗。六本木3丁目 ナナナリア店」「Tree Village」。そしてJR池袋駅 中央改札内、渋谷駅 山手線品川方面ホーム、東京駅 地下中央口付近、新橋駅 烏森改札外、秋葉原駅 中央改札内、大宮駅 改札外(東口方面)、新宿駅 中央口改札内。東京メトロ 丸ノ内線池袋駅(西口方面階段壁面/中央改札方面階段壁面)。

■6つ子からのコメント
・おそ松:頼りになるみんなのリーダー。となれば、兄弟をまとめる俺こそ、大杉漣さんでしょ。

・カラ松:最高にイカした寺島進さんを目指せるのは、このカラ松だけだろう? んん??

・チョロ松:真面目でまともで優秀。僭越ながら、松重豊さんのポジションは、僕が適任かと!

・一松:……。遠藤憲一さん…怒ってないかな。。

・十四松:え?! 田口トモロヲさんも、野球やる? 野球マン?!

・トド松:だって、どう見てもいちばん可愛いよね、光石研さん。僕しかいないでしょ。
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会 (C)「バイプレイヤーズ」製作委員会