イースタンSCを率いる陳婉婷監督。「はるばる日本から香港まで来てくれたのに、試合を見られないのはかわいそう」だと述べていたという。写真:江藤高志

写真拡大 (全2枚)

[ACLグループステージ2節]イースタンSC1-1川崎/3月1日/香港・旺角

 チケットが手に入ることを祈りつつ、スタジアム入り口付近に集まっていた川崎サポーターに突如としてチケットが配られ始めた。何が起きたのかがわからず唖然とするサポーターに対し、チケットを持ち込んだ女性は「無料です。あと何人いますか?」と声を掛け続けた。このチケットのおかげで、少なくともゲート前に居た20人程度のサポーターは全員がチケットを入手できたようだ。

 なぜチケットは無料で配られたのか、女性に声を掛けた。女性は簡潔に「マネージャーから言われました」と話してくれた。マネージャーとは、イースタンSCを率いる陳婉婷監督だった。
 
 香港で行なわれたACLグループステージ2節のイースタンSC戦では、過去のACLのアウェーマッチでは起きなかった事態が発生していた。香港でのイースタンSC戦のチケットが即日完売してしまったのだ。

 満員になることはないだろうと考えていた多くのサポーターは、この事態に困惑する。一般的に飛行機のチケットは出発日に対し早く買えば買うほど安く入手できる。ACLの過去の試合の発券状況から判断するに、試合のチケットは問題なく手に入ると判断した多くのサポーターは事前に航空券を手配していた。イースタンSCの公式HPは更新頻度が遅く、多くのサポーターが発売時期を逃していたこともチケット難民が発生した大きな理由だったようだ。
 
 もちろんクラブ間ではチケット入手のための折衝が続けられていた。ただ、イースタンSCの担当者に取材しても、チケットが完売している以上公式なルートでは当日にチケットが出て来ることはないと言われていた。「ダメならホテルかスポーツバーで見ます」と半ば諦めつつ、最後まで希望を捨てないサポーターがスタジアムを訪れ、チケットを求める手書きの紙を掲げていた。それがちょっとした騒ぎになっていたことも、チケット問題が陳婉婷監督の耳に入る理由になったのかもしれない。
 
 この件に関して、試合直後にイースタンSCの広報担当者に取材したのだが、彼は明言を避け続けた。今回の対応は完全に非公式であることがその原因であろう。なお非公式のルートで取材した話では、チケットを配ることを指示した陳婉婷監督はその理由として「はるばる日本から香港まで来てくれたのに、試合を見られないのはかわいそう」だと述べていたという。チケットはファンクラブ向けのもので、それを陳婉婷監督が買い上げて配布用に回したと言われている。
 6年前に試合分析担当として、プロサッカーチームの一員としてそのキャリアをスタートさせた陳婉婷監督は、その後、南区足球会(元横浜FCの内田智也が在籍)とイースタンSCのコーチに就任。2015年12月に、イースタンSCの楊正光監督が中国リーグ所属クラブのアシスタントコーチとして移籍することとなり、陳婉婷監督が誕生するに至る。9月に開幕した2015-2016シーズンの無敗のチームを引き継ぐと、その後も好成績を残し最終的に16戦12勝2分2敗の結果で香港プレミアリーグの優勝監督となった。

 ACLの出場権をもたらしたこのタイトルは、彼女に「史上初めて女性監督として男子のトップリーグを制した監督」としての称号を与え、2016年にはギネスブックにも認定されている。小柄な28歳の女性監督は、着実にキャリアをステップアップさせ、運を結果に結びつける実力を持っていた。
 
 当地では牛のような性格と、名前の中の「婉」の発音が「丸」の発音と同じだということで「牛丸(広東語で牛肉の肉団子)」とのニックネームで知られる陳婉婷監督は、その一面で女性らしい気づかいができる方だった。

 その気づかいが、試合を分析する能力につながっている部分もあるのだろう。ACLでは香港史上初のホームゲームを1-1で引き分け、川崎から勝点1を奪い取った陳婉婷監督は、2016年8月26日に開幕した香港プレミアリーグの2016-2017シーズンを14戦11勝3分無敗の好成績で首位に立っている。性別ではなく能力で人物を評価する香港という土地の気風も、彼女が結果を残す一因なのは間違いない。
 
取材・文・写真:江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)