世間ではCBR250RRの話題で持ちきりですが、シングルRとFの方もまだまだ現役。先日、ニューカラーが発表されました!

1

CBR250Rは初心者からベテランまで幅広く愛されているバイク。

特に最近は若者の間でもフルカウル系のバイクが人気なので街中でよく見かけますね。
今回のカラー・グラフィックも人気が出そうな予感です!

ミレニアムレッドのグラフィックはウイングをモチーフとしたストライプを採用。ウイングとはホンダが昔から採用している翼のイメージのこと。

シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーがブロンズ色になって、かなりスポーティーな仕上がりです!

カラーはミレニアムレッド、ブラック、ロスホワイトの全3色となっています!

CB250Fも、車体横のシュラウドとシートカウル側面に新たなグラフィックストライプを採用しています。

尖ったグラフィックが「ストファイ」感を醸し出しています。ここまでスポーツ感のあるデザインは初めてですね。

こちらもシリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーがブロンズ色に。

他社のネイキッドとは一味違う、高級感のある250になりましたね。カラーはミレニアムレッド、ブラックの全2色となっています。

もうすぐバイクが一番気持ちいい春がやってきます。春から走りだそうとしているライダーにはどちらもおすすめしたい乗りやすいバイクです。是非一度実車を見に行ってみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

こっちもまだまだ現役!ホンダ「CBR250R・CB250F」のニューカラーがイケイケレッド!(http://clicccar.com/2017/03/02/444151/)