(c)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

写真拡大

 3月11日に公開される『哭声/コクソン』より、國村隼演じる“よそ者”にフィーチャーした予告が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、2016年カンヌ国際映画祭で上映され、今年韓国で700万人に迫る観客動員を記録したサスペンス・スリラー。平和な村に得体の知れないよそ者が現れた頃、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発。警察官のジョングが、娘を救うためによそ者を追い詰めていく模様が描かれる。

 主人公・ジョングを本作が初主演となる『無頼漢 渇いた罪』のクァク・ドウォンが演じるほか、『ベテラン』のファン・ジョンミン、『愛を歌う花』のチョン・ウヒが名を連ねる。また得体のしれない“よそ者”を日本人俳優・國村隼が演じている。監督は『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジンが務めた。

 このたび公開された予告では、怪しいとされるよそ者についての村人の“証言”をもとに、よそ者の恐るべき生態が捉えられている。仕込まれていた食用の生肉を、実際に吐き気を催すまで食したり、ふんどし一丁での滝行など、國村のハードな撮影の一部を垣間みることができる。(リアルサウンド編集部)