俳優魂を見せ付ける (C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

写真拡大

 「チェイサー」「哀しき獣」を手がけたナ・ホンジンの監督最新作「哭声 コクソン」のWEB予告編が、公開された。國村隼が演じる正体不明のよそ者に焦点を当てている。

 本国韓国で観客動員約700万人の大ヒットを記録し、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」で満足度99%(3月1日時点)をたたき出したサスペンススリラー。平和な小村で、村人が家族を惨殺する事件が立て続けに発生。警察官ジョング(クァク・ドウォン)は、村に住みついたよそ者の男(國村)を容疑者に定めて捜査を進めるうち、自身の娘に犯人たちと同じ発しんがあることに気づく。韓国最大級の映画賞である第37回青龍映画賞で、監督賞・音楽賞・編集賞のほか國村が外国人初となる男優助演賞と人気スター賞をダブル受賞した。

 映像では、村に飛び交う怪しいうわさを聞いたジョングが、よそ者への疑いを強めていくさまが描かれている。「裸で死肉を食べていた」「(殺害現場を)この目で見た」といったものから「今まで見てきた中で1番厄介な悪霊だ」とよそ者は人でなく悪霊だというものまで、証言はさまざま。映像中には、裸で死体を食べる、滝に打たれる、目を血走らせてこちらに手を伸ばすなど、見る者を恐怖に陥れるよそ者の狂気の姿が描かれている。國村は本作の半年に及ぶ撮影で、食用の生肉を吐き気をもよおすまで実際に食べ、ふんどし一丁での激しい滝行に挑むなど、精神的にも肉体的にも徹底的に追い込まれたという。

 「哭声 コクソン」は、3月11日から全国公開。