写真提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾MSIは3月2日、AMD Socket AM4に対応するマザーボードのフラッグシップモデル「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」を発表した。3月3日に発売する。店頭予想価格39,980円(税別)。

AMDの最新アーキテクチャのCPU「RYZEN」対応のマザーボード。チップセットにAMD X370を採用したフラッグシップモデルで、「RYZEN」と組み合わせることで転送速度最大32GbpsのTurbo M.2などを利用できる。USB 3.1 Gen2 Type-Cポートを装備し、コントローラにはASMedia「ASM2142」を採用。CPU周辺の電源回路を強化し、メモリ回路も最適化。高いオーバークロック能力を持つとしている。

オーディオ回路が他の回路と分離・独立しており、日本ケミコン製アルミ電解コンデンサの使用やEMIシールドを施すことで、スタジオクラスの高音質を出力するという。LANコントローラにはIntel「I211-AT」を搭載。ユーティリティ「MSI GAMING LAN MANAGER」を使って、ゲームに対して優先的にネットワーク帯域を割り振れる。落雷などの電気的ダメージから回路を守る「LAN PROTECT」も装備。

(リアクション)