写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月2日、企業ネットワークへのSDN/NFV導入・運用支援サービスである「CTC ESPA (Enterprise Simple Provisioning Architecture)」を、2017年4月から提供開始すると発表した。3年間で30億円の売上を目指す。

新サービスは、SDN(Software-Defined Network)/NFV(Network Function Virtualization)の検討段階から運用・保守サポートまで、ITライフサイクルに応じてユーザー企業を支援するというものであり、従来はデータセンター事業者や大手通信事業者が中心に利用していたSDN/NFV技術を企業向けに提供するもの。

まずはシスコシステムズが提供するネットワーク機能仮想化ソリューションである「Cisco Enterprise NFV」を中心に、5つのサービスをユーザー企業の状況や要望に合わせて提供する。

同サービスの提供に合わせ、SDN/NFV技術のマルチベンダー検証施設である「CTC ESPAラボ」を同社大崎オフィス内に開設するという。

同ラボはSDN/NFV技術を利用するネットワーク・システムについて、ネットワーク構築手順の迅速化や運用管理性・可視性の改善、セキュリティの高度化の実現などの課題を解決するためのトータルな検証を行う施設。

オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアであるOpenStackやパブリック・クラウド環境との連携についての動作検証も可能という。ユーザーの機器をラボに持ち込むこともでき、実際の使用環境に応じた検証を行うとしている。

(山本善之介)